ビーグレンCセラムの口コミを検証!肌トラブルに即効性アリ? 

ビーグレン Cセラム

ぽちっとできたニキビ。やっと治っても、なかなか消えないニキビ跡。隠しても隠しきれない毛穴……。「これさえなければ!」という肌トラブルを抱えたままってつらいものですよね。起きてしまった肌トラブルを一刻も早く解消したい! そんな肌の救世主的存在として話題になっているのが「ビーグレン Cセラム」。

 

高い美容効果をもつビタミンCは変質しやすく、浸透しにくいため確かな効果を実感するのが難しいとされてきましたが、Cセラムは独自の技術で成分を肌の奥まで届け、効果を持続させることができるそう。その実力のほどを、私が実際に体験してみました!

ビーグレン Cセラム

画像引用元:

http://www.bglen.net/products/detail.php?product_id=272

ビーグレン Cセラムの口コミ・評判

まずは、口コミからビーグレン Cセラムのポジティブな点、ネガティブな点を見てみましょう。

  • 手のひらに出したときからほんのり暖かさを感じます。化粧水と乳液の間に挟んでいますが、乳液をつけていてもまだあたたかさが残っている感じ。毛穴に押し込めば押し込むほど、毛穴が目立たなくなる気がします。
    (33歳/女性/混合肌)
  • おでこと鼻の頭が必ずテカっているので、ランチのあとには化粧直しが必要ですが、これを使うようになってからそのテカりがましになったような気が……。乾燥しやすい口周りがカサカサになることもないです。
    (42歳/女性/混合肌)
  • オイルみたいな感じだけどサラサラしています。お風呂のあと、化粧水のあとにこれを使うといつも目立つ小鼻の毛穴がキュッと閉じているみたいになってテンションあがります。
    (28歳/女性/敏感肌)
  • ニキビができやすい肌です。オイルみたいなとろっとしたテクスチャーに一瞬「大丈夫、これ…」とビビりましたが、ちゃんと馴染ませればベタつかないですね。むしろできていたニキビの赤みが目立たなくなってうれしい! 背中ニキビにも塗ってます。
    (28歳/女性/混合肌)
  • これを使うと明らかにメイク後の肌がつるんとして見える気がします。普段は、きれいにメイクしても見る角度によってはデコボコしているところも……。でもこれをつけた日はつるんとしたひとつの面のように見える。下地やファンデでへこみを埋めているわけじゃないのに不思議。
    (35歳/女性/普通肌)
  • 乾燥肌でもないのにめちゃくちゃ乾燥して顔の皮がむけた……。使うときは量に気をつけたほうがいいと思います。
    (29歳/女性/乾燥肌)
  • ニキビ跡をどうにかしたくて使っていましたが、可もなく不可もなく……。たまにちょっとかゆくなるときがあって怖くなって使うのをやめました。
    (35歳/女性/敏感肌)

 

これ以外にもたくさんの口コミからまとめると

 

  • ・毛穴の開きなどが気にならなくなった
    ・肌が滑らかに見える
    ・吹き出物ができなくなった
    ・化粧ノリが良い
  • ・肌が乾燥して突っ張る
    ・乾燥肌だとニキビやかゆみが出た

 

などがあげられるようです。さて、これらの口コミは実際どうなのでしょうか?

ビーグレン Cセラムの特長

ブライアン・ケラー博士

画像引用元:

http://www2.bglen.net/ec/dry/lp/index.html?bgab=108026

体験レビューをご紹介する前に、まずは商品の特長をまとめてみましょう。

 

ビーグレンは、カリフォルニア大学で薬学を教えながら、薬の成分を皮膚から浸透させる研究をしていたブライアン・ケラー博士によって生み出されたブランドです。博士は「化粧品の成分は、皮膚からは浸透できない」という問題を独自の浸透テクノロジーを応用することで解消。ビタミンCという肌に効果的な成分を肌の奥まで届けることを可能にしました。

(1)独自の浸透テクノロジー「QuSomeR(キューソーム)」

カリフォルニア大学サンフランシスコ校で薬学の博士号を取得し、医療技術研究に没頭しているブライアン・ケラー博士は「薬を皮膚から肌の奥まで届ける」独自の浸透テクノロジー「QuSomeR(キューソーム)」を化粧品研究・開発に採用しました。

 

化粧品が研究対象ではなかった当時、美容液誕生のキッカケとなったのは、妻が日頃おこなっていたスキンケアに博士が目を止めたことでした。

 

毎日一生懸命肌のお手入れをしている妻が使っている化粧品のラベルを見てみると、コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンなどの成分はたくさん使われていましたが、これらは肌には馴染まない成分で、肌の奥に届けることは難しいと博士は思いました。

 

そこで研究室で独自の浸透テクノロジーを使ってビタミンCを配合。それを家に持ち帰り試してもらうと妻はその効果に大喜び。これが美容液の第一号となったのです。

(2)化粧品への配合が難しい「ピュアビタミンC」を採用

浸透テクノロジーで肌の奥に届ける成分としてビーグレンが選んだのは、高い効果があるもののこれまで化粧品の配合が難しいとされてきた「ピュアビタミンC」。これを超微小カプセルで包み安定させ、角質の奥に送りこむことに成功。送りこまれた成分は浸透テクノロジーの効果により、肌の奥深くに長時間とどまることができるようになりました。このおかげで変質しやすい成分も安定した状態のまま、長時間効果を持続できるようになったのです。

浸透イメージ

画像引用元:

http://www2.bglen.net/ec/dry/lp/index.html?bgab=108026

商品の実際の使用感

さて、それではいよいよビーグレン Cセラムの気になる使用感についてご紹介していきます。

 

まず、商品はこんな感じになっています。

中身

スマートなサイズなので化粧ポーチにも余裕ではいります。
テクスチャ1

実際に手のひらにとりだしてみると無色透明で、見た目はオイルみたいです。
においはほぼありません。写真で見ると水っぽく見えるのですが、肉眼で見るとテカテカした液体なので「油分だな」とわかります。

テクスチャ2

手のひらに延ばしてみると、油分感がよくわかりますね。

 

では実際にビーグレン Cセラムをスキンケアにとりいれて、その使用感をみていきましょう!

 

<使用方法>※公式サイトより
使用量目安:直径2cm 程度


では、ビーグレン Cセラムを肌にのせてみましょう!

 

公式サイトでは使用量の目安は直径2cm 程度とのこと。さっそく手のひらにだしてみます。チューブから出すと手のひらにじんわり広がるので、2cmきっかりにするのが難しいですが、このへんは適当で…(笑)。このまま両手をこすりあわせて軽く広げ、顔全体を包むように馴染ませていきます。

 

口もとや鼻まわりなど、手のひらだけでつけにくい部分は中指と薬指でおさえるように馴染ませていくといいみたいです。全体に美容液がいきわたったと感じたら、最後に顔全体をやさしく包み込んで終了!

 

使用後

実際に肌にのせてみると、つけたところがじんわり温かくなって気持ちいい…。ほわんとした気分になります。見た目はオイル状で、両手に馴染ませているときもオイルみたいだけど、肌にのせると瞬間的に化粧水と密着して、もちもちした手ざわりになってくるのがわかります。

 

このあとに乳液でふたをすると、美容液を最初に肌にのせたときの温かさはなくなりました。スキンケアをすべて完了させてから顔の状態を確認してみると……、頬のいちばん高いところを中心として、ツヤが出現! 全体的につるんと一皮むけたような見た目に……。肌もワントーン明るくなったような気がして「おおっ! キレイ!」と思わずつぶやいてしまいました。

 

もっとよ~く観察してみると、小鼻の毛穴もほんの少し目立たなくなったような印象。毛穴に関しては、小鼻より頬のほうが目立たなくなったような気がしました。先ほどもいったように、頬の高い部分はつるっとした見た目なんですが、口周りはサラッとしており、手ざわりも頬はもちっと、口周りはさらっとしています。

 

実は私、この日、口のまわりにニキビができていたので過剰な油分を与えたくないな~と思っていたのですが、この美容液を使ったあとも口周りはさらっとしていて、この調子でいけばニキビがいい具合に枯れていきそうな予感がしました。

ケア後の肌状態を確認! 化粧ノリ&毛穴比較

ビーグレン Cセラムはさまざまな肌トラブルに即効性を発揮する、高濃度のビタミンC美容液です。では実際、つけたあとで肌状態はどのように変化するのでしょう。普段の化粧水でケアした肌と、ビーグレン Cセラムでケアした肌の違いを比較してみました。

 

まずは、いつもの化粧水・乳液のみでケアをした肌とCセラムをケアにプラスした肌で水分・油分量を比較してみましょう。

 

まずはすっぴん状態記録から。

計測1

左 
水分→45%
油分→29%
右 
水分→50%
油分→33%

 

左右でだいぶ肌状態が違いますね…。


計測2

左の肌→いつもの化粧水+Cセラム+乳液  
水分→49%
油分→3%
右の肌→いつもの化粧水+乳液のみ     
水分→50%、
油分→16%

 

Cセラムはすっぴん状態から水分、油分ともに4%あがっているのに対して、いつものケアのみのほうは水分は変わらず、油分は17%も下がっています。Cセラムは水分と油分の両方をアップさせる効果があるようですね。

 

次は数値ではなく、目視で確認していきましょう!

 

左がCセラムを加えたケア、右がいつものケアを終えた後の肌状態です。

比較1

 

Cセラムをケアにプラスした左の肌のほうが肌の凹凸があまり目立たないように見えますね。頬のツヤ感も左のほうが強く見えます。

 

では、今度は化粧ノリについて検証していきましょう。

 

比較2

 

左がいつものスキンケアにCセラムを加えていつものメイク、右がいつものスキンケアにいつものメイクを施した肌状態です。

 

光の加減もあるのですが、左の肌のほうがくすみがぬけて透明感があるように見えませんか? 正面からみるとはっきりわからないのですが、左右でわけて撮影してみると色の違いがわかりました。

 

では次に毛穴状態を検証していきましょう!

 

左がCセラム1日日、右がCセラムを継続使用した3日目の毛穴です。


比較3

 

私は特に頬の毛穴が目立つ肌なのですが、その部分を拡大してみると涙状にたるんだ毛穴が「キュッ」となったように見えました。小さくなったというよりは、毛穴のたるみが引き締まった感じ。3日間の使用でも、目に見えた変化を感じられました。

 

さらに、乾燥しやすい部分に塗ったときの、かゆみの有無について検証していきましょう。


私は乾燥肌ではないので、顔以外の部分で調べて見ました。
調べてみると体のなかで乾燥しやすいのは「足のすね」なんだそう。ということで、ここにCセラムをぬりこんで時間経過による変化を確認してみました。

 

比較4

左がCセラムを塗る前、右がCセラム1円玉くらいの量をすねに5cm四方に塗り広げ、15分放置したものです。

 

見た目は変化がなかったので、さわって確認しましたがこの部分だけ乾燥していることもなく、かゆみも起きませんでした。代わりに塗った部分の肌がつやっとしました(笑)。

ビーグレン Cセラム検証結果は?

ビーグレン Cセラムの口コミを実際に試した個人的感想と水分量などの数値、化粧ノリの結果から検証してみました

 

(※口コミ ⇒ 実際)

  • 毛穴の開きなどが気にならなくなった 
    ⇒ ハンドプレスを丁寧にすればするほど目立たなくなるし、継続使用による効果も感じられた
  • 吹き出物ができなくなった 
    ⇒ 使用中、新たにニキビや吹き出物が出ることはなかった
  • 化粧ノリが良い 
    ⇒ 下地やファンデの付きが良く、密着感がたかまるので崩れにくさを感じた
  • 肌が乾燥して突っ張る 
    ⇒ 口もと、頬などの乾燥は特に感じられなかった
  • 乾燥肌だとニキビやかゆみが出た 
    ⇒ 足のすねで検証したが、特に変化は感じられなかった

 

<検証結果>
・毛穴トラブルに即効性がある
・肌にツヤが出る

これ以外にも、


・肌のトーンがあがる
・化粧崩れしにくくなる
・ニキビの凸凹が消えるのが早い

 

といった効果があったように個人的には思いました。

 

今回私がCセラムを使って驚いたのは、毛穴に働きかける力をひしひしと感じたこと。ケアをしたあと、そして数日継続して使っていくなかでも毛穴が引き締まっていく実感がありました。日中、乾燥でぱっくりと開くこともなく毛穴が引き締まった状態を長くとどめられるのも独自の技術のたまものなのではないかと思います。

 

また口周りにあったニキビ部分の赤みも目立たくなり、さらに使い始めた翌日にはニキビの凹凸が少なくなって化粧ノリが良くなったのもうれしかった……! ニキビの凹凸があると下地もうまくつかないし、化粧品をつけることで悪化するのも怖い……と思ってしまいますがCセラムを使うことでニキビ部分が健康な肌状態に戻るスピードが早まったように感じられました。ニキビや吹き出物が新たにできてしまったときも、このCセラムがあると思えば「すぐ良くなるし、大丈夫!」とストレスも軽くなるかもしれません。

 

総合するとビーグレン Cセラムは独自の浸透テクノロジーで効果の高いビタミンCを肌の深いところまで浸透させ、長くとどまることができる美容液です。だから今すぐなんとかしたい肌トラブルも即効性が期待でき、皮脂バランスを崩すことなく、キレイな肌を取り戻すことができそうです。なにより「これはいい」と手ごたえを感じられるから続ける楽しみをもたせてくれる美容液だと思います。

 

肌変化を気軽に体験するには?

そんなビーグレン Cセラム(15ml)の価格(税込)は

 

・通常価格:5,076円

 

美容液のなかではお高めの部類にはいるかもしれませんね。直径2cm程度を朝と夜に使用して1カ月ほどとのことで、コスパがいいとまでは言えません。


でも「今すぐなんとかしたい」肌悩みに素早く応えてくれる美容液って、ほかにないといってもいいかもしれません。15年間愛されている理由がちゃんとある。それは、使ってみたからこそ納得できるものでした。

 

それでも、もし迷ってしまう人は5mlのCセラムを含むトライアルセット(7日間)があります。

 

1,944円(税込)で、洗顔、化粧水、Cセラム、クリームまでのアイテムを1週間お試しできる超豪華仕様です。

乾燥・保湿ケア トライアルセット(7日分)

 トライアルセット画像引用元:

http://www2.bglen.net/ec/dry/lp/index.html?bgab=108026

 

内容:
・クレイウォッシュ(15g)
・QuSomeローション(20mL)
・Cセラム(5mL)
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)
価格:1,944円(税込・送料無料)
7日分、365日返金保証

 

おもに「肌がカサカサして乾燥している」「口もとや目のまわりなど部分的に乾燥する」「化粧ノリが悪い」といった乾燥が気になる人、たっぷり保湿がしたい人向けとなっていますが、Cセラムを一度試してみたいという人もお安い価格でチャレンジできるのでおすすめです。

 

肌に良い成分として、耳にする「ビタミンC」。でもその高い効果も肌の奥まで届かなければなんの意味もありません。Cセラムは独自の技術で高濃度のビタミンを角層の奥へ浸透させることで、あらゆる肌トラブルに働きかけます。ちょっとした悩みは、悩みのうちにはいらない! Cセラムは肌トラブルで弱った自分を強気にさせてくれる頼りになる美容液になってくれるかもしれません。

ビーグレン Cセラム

ビーグレン Cセラム

メーカー名 ビバリーグレンラボラトリーズ
容量・価格 15ml 5,076円