「どろあわわ」の口コミを実践・検証!肌の潤いUP? 

どろあわわ

小鼻の黒ずみ、毛穴につまった汚れ……。つるんとした美肌を目指すためには、その日の汚れはその日のうちに、しっかり落としていきたいところですよね。でも、しっかり落としたいからと洗浄力の強さばかり求めてしまうと、肌はカサカサ……。乾燥することで逆に皮脂が出て、新たな汚れを増やしてしまうこともあります。じゃあ、いったいどうしたらいいの!? 長年、毛穴汚れに悩まされている私が最近気になっているのが、洗浄力と保湿力が同じくらい高いと話題の石鹸「どろあわわ」。

 

なんでも、ミクロ粒子の泥が毛穴の奥の汚れを吸着してとりのぞき、イソフラボンを始めとする4種の保湿成分でしっとりした潤いを残してくれるそう。はたして本当に黒ずみや毛穴汚れはとれるのか、洗い上がりの肌は乾燥しないのか……。その効果のほどを自分の肌で試してみました!


どろあわわ

画像引用元:

http://www.kenkoucorp.com/goods/doroawawa/

どろあわわの口コミ・評判

まずは、口コミからどろあわわのポジティブな点、ネガティブな点を見てみましょう。

  • 使うと小鼻がつるんとします。家族に毛穴がきれいになったといわれたので、効果ありかと。昔は毛穴パックをこれでもかってくらいしてたけど、使うようになって開いた毛穴が目立たなくなったのかも。
    (27歳/女性/混合肌)
  • くすみがぬけるのは確かだと思います。朝に使うと化粧ノリも良くなるし、肌色が明るく見えておすすめです。
    (37歳/女性/普通肌)
  • 洗い上がりに、すぐつっぱらないのが安心できます。乾燥肌のうえに敏感肌でやっかいなんですが、ヒリヒリすることもなく洗えました。その後、エアコンの効いた室内にいても乾燥しなかったので、保湿力もあるようです。
    (32歳/女性/乾燥肌)
  • 泡の質がいい。ものすごく弾力のある泡なので、手でさわらずに洗えるのがおもしろい(笑)です。専用ネットなら10秒くらいで泡立つから、手間もかからず楽ちん。
    (29歳/女性/混合肌)
  • 顔を洗い終わったあとで鏡をみると、くすみがぬけて明るくなるのがわかります。よーく小鼻の毛穴を観察すると、角栓がニョキッと顔をだしているのも見えて、この泥が汚れをかいだしてくれてるんだな~としみじみ思います。
    (37歳/女性/普通肌)
  • 1本使い切りましたが、思ったほど毛穴の汚れ落ちを感じなかったので次はないかな……。泡立ちがいいし、使う分には気持ちいいです。
    (29歳/女性/敏感肌)
  • ちょっとでも長めに時間を置いてしまうと、鼻の根元がヒリヒリして痛くなってきてしまいました。毎日というより、週に1~2回くらいの使い方のほうが私にはいいペースです。
    (41歳/女性/乾燥肌)

 

他の口コミなどもみて、まとめると、

 

  • ・小鼻がつるんとした
    ・しっとりしてつっぱり知らず
    ・泡立ちが本当にいい
    ・肌色がトーンアップした(白くなった)
  • ・汚れだけでなく、潤いまで落としている感じがする
    ・肌がヒリヒリする
    ・肌が乾燥する
    ・毛穴の汚れは落ちなかった

 

などなどの意見が多かったようです。さて、これらの口コミは実際どうなのでしょうか?

どろあわわの特長

特長

画像引用元:

http://www.kenkoucorp.com/goods/doroawawa/


体験レビューをご紹介する前に、まずは商品の特長をまとめてみましょう。

 

どろあわわを含むスキンケアブランド「DOROwa」は、「潤い」「ハリ」「透明感」の3つを美しい肌の条件にあげています。けれど、肌状態は環境や体調で変化するもの。そんな大人のゆらぎ肌には「洗う」と「与える」、この2つのチューニング美容が大切と考えました。

 

その「洗う」アイテムとして、肌が本来もっている力をサポートするための洗浄力、負担をかけないための弾力泡、やさしい自然素材などのキーワードから誕生したのが、どろあわわです。

 

肌は自分で汚れを排出することができないので、こびりついた汚れを泥でしっかり落としながら、贅沢な保湿成分をさらに配合することで、にごりのない自信のもてる肌へ導きます。

 

(1)包み込むようなモコモコ泡が、摩擦による肌トラブルを予防!

どろあわわを泡立てると、濃密で弾力のあるモコモコの泡ができあがります。見た目がふわふわでも、密度の低い泡は肌に摩擦を与えてしまう恐れがありますが、どろあわわの泡はきめ細やかで、厚みのあるクッションのよう。だから過剰な摩擦を与える心配がなく、肌にやさしいんです。

 

また、この泡はマイナスイオンをおびているので、プラスイオンの汚れを磁石のように吸着! 肌のくぼみにはいりこみ、細かいところの汚れまで落とすことができるのです。

 

特長2

画像引用元:

https://www.kenkoucorp.com/order/COdDocument.jsp?id=af_doro&xadid=afl2701

 

(2)毛穴汚れや古い角質を天然の「美容泥」がしっかり吸着!

どろあわわには、毛穴汚れやメラニンを含む古い角質をキャッチする2種類の「美容泥」が配合されています。

 

そのひとつは、沖縄の限定地域でのみとれる「マリンシルト」と呼ばれるもの。

 

これは数百万年もの間、海底にあった超微粒子の泥が隆起したもので、沖縄では「くちゃ」と呼ばれて昔から洗髪や洗顔に利用されてきたそう。墨汁がはいった2つの試験管を用意し、左だけにマリンシルトを加えてみると、20時間後たった左の試験管の水は透明に……! マリンシルトが水中の墨をすべて吸着してしまったという実験結果もあるようです。

 特長3

画像引用元:

https://www.kenkoucorp.com/order/COdDocument.jsp?id=af_doro&xadid=afl2701

 

もうひとつの泥「国産ベントナイト」は数億年前、海底にたまった火山灰が風化してできた泥で「自然界の掃除役」なんていわれる、吸着力の高さをほこる成分。毛穴の奥深くににこびりついた汚れや頑固な角栓などをとりさって、健やかな肌へ近づけてくれます。

 特長4

画像引用元:

https://www.kenkoucorp.com/order/COdDocument.jsp?id=af_doro&xadid=afl2701

 

(3)4種の保湿成分が、洗い上がりをしっとり&キメをととのえる!

せっかく汚れをとりのぞいても、肌の潤いまで奪ってしまったら肌環境は悪化してしまいます。

 

どろあわわには洗い上がりをしっとりさせるための保湿成分が4種類配合されています。その代表的な成分が豆乳を乳酸菌で発酵させ、分子を細かくした「豆乳発酵液」。
原料の大豆は国内の契約農家で有機栽培されているものを使用しており、肌にとろけるように馴染み、肌環境の乱れを正常な状態へと導いてくれます。

 

またハリ肌の手助けとなるコラーゲン、高い保水力をもつヒアルロン酸、昔から肌に透明感を与えるとして知られる黒砂糖エキスといった保湿成分が洗顔と同時に肌を保湿、ハリを与え、洗い上がりの肌にしっとり感を与えてお肌のキメをととのえてくれます。

 

商品の実際の使用感

さて、それではいよいよ「どろあわわ」の気になる使用感についてご紹介していきます。

 

まず、商品はこんな感じになっています。
商品外観

どろあわわは、コンビニアイスで見かけるようなパウチ型になっています。
テクスチャ

試しに数cm出してみるとわかるんですが、かなり固そう(見た目チョークみたい)。手の甲にだしてみると、細かい粒があるようなザラッとした感触は感じますが、思ったほど固くはなかったです。

テクスチャ2

洗顔料はフォーム、固形、泡タイプといろいろありますが、どれもやわらかいものが多いですよね。どろあわわは最初の手ざわりに固さがあります。こういった感触の洗顔料はかなり珍しいかもしれません。

 

ここから、ボリュームのあるモコモコ泡ができるなんて本当……?
泡立てるのがなんだか楽しみになってきました。

 

では実際に、どろあわわで顔を洗ってみたいと思います。

 

<使用方法>※商品パッケージより
使用量目安:2~3cm
①泡立てネットに、水またはぬるま湯を含ませ、余分な水分をしっかり切ります。どろあわわを適量出します。

 

②泡立てネットを軽く丸め、空気を含ませるようにしながらクシュクシュと泡立てます。

 

③ツノが立つくらいになるまでしっかり泡立て、泡立てネットの根元から泡を絞り取ります。

 

④Tゾーン(鼻・額)、Uゾーン(頬・あご)、口元・目元の順番に、泡をころがすようにやさしく洗ったら、しっかりと洗い流します。生え際やフェイスラインのすすぎ残しには特に注意しましょう。

泡立ち

洗顔を終えてみた感想としては本当に泡の密度が高く、モッコモコでした。小さな小さな泡がぎゅ~っとまとまっているようで、クルクルとなでるようにしても素肌にふれることなく洗顔を終えることができます。

 

泡で顔を洗っているときは、本当に力がいりません。くるんとした小さな手の動きだけでも素肌に面している泡全体が動くので、広範囲に動かさなくてもしっかりキワまで洗うことができます。

 

ぬるま湯で洗い流すときは多少時間がかかると思いきや、ぬるま湯で数回バシャバシャとすすぐだけで大きな泡がまずぼそっと落ち、いつもどおりにすすぐだけできれいに落ちました。泡切れもいいほうなのではないでしょうか。


使用後

肝心の洗い上がりはすこ~し白くなったかな? という程度です。というのも、血管の赤みがいつもより目立つ気がしたので、白くなったことによる対比効果が出ているのだと感じたからです。

 

そして泡を洗い落としているときから感じていた、肌のしっとり具合……! 洗顔料は「さっぱりするもの」という意識が学生時代から根強くある私には、まるでスキンケアしたあとの肌のような潤い感が衝撃的。

 

ちゃんと洗えたのかな? ということばかり気になって、鏡で細かくチェックしましたが肌の汚れや余分な皮脂はきちんと取り除かれています。

 

洗っているのに、潤っているという不思議な感覚の洗顔料。洗顔後から急速な乾燥を感じる、という乾燥肌の人は特にこの効果を感じやすいのではないでしょうか。

 

 

肌の水分・油分量チェック! 毛穴の黒ずみ比較と泡立ちの実証実験

どろあわわは2種類の泥で毛穴の奥の汚れを吸着してしっかり落としながら、4種類の保湿成分で肌の潤いを保つ洗顔料です。では実際、つけたあとで肌状態はどのように変化するのか、水分・油分量をチェックしてみました。

 

まずは、洗顔前の肌の水分・油分を計測します。

計測

水分:26%

油分:40%


どろあわわで洗顔し、スキンケアしたあとの肌状態を計測してみました。

計測2

洗顔後

水分:48%

油分:32%

 

顔を洗っただけで水分が22%アップしました。こんなことってあるのでしょうか……。

 

洗顔する前はエアコンの効いた室内で作業をしていたのでそのハンデもありますが、奪うどころか潤いが大幅にアップする… という事実が判明したことになります。反対に油分は8%減り、水分の多いバランスのいい肌状態になりました。

 

肌弾力を表すアイコンも、最低の困ったちゃんから、にっこりスマイルへ!
ハリが出ている証拠です。

 

洗顔後にどれだけ潤っても、すぐに蒸発してしまえば元も子もありません。その点、どろあわわはどうでしょうか? 1時間後の水分量をチェックしてみました。比較

洗顔前(水分):48% → 1時間後:44%  差 -4%
洗顔後(油分):32% → 1時間後:29%  差 -3%

 

1時間後には水分が4%、油分が3%それぞれ下がっていました。

 

それでも、まだまだ肌は良好な状態を保っています。

 

普通、スキンケアを終えると時間が経過していくごとに水分量が減り、油分が増えてくるものなのですが、この数値だけみると油分も一緒に下がっていますね。水分と油分のバランスを、常に一定に保つ作用があるのでしょうか。

 

では、次に毛穴の状態について検証していきましょう。

 

どろあわわを使ったあとで毛穴の状態はどうなっているか、マイクロスコープで撮影してみました!

 

毛穴

どろあわわ使用後

 

どろあわわを使用する前も撮ってみましたが、毛穴から皮脂がでていて、その皮脂が酸化しているのか黒っぽくなりかけているのがわかりました。けれど、どろあわわで洗顔したあとはその黒っぽさがなくなっており、皮脂もとりのぞかれてサラっとした肌状態のように見えます。

 

毛穴のつまりは相変わらずありましたが、汚れをためこまないためのアイテムとして継続使用したくなるほどの差が確認できました。

 

最後に泡立ちについて検証していきます。

 

公式サイトの情報だと2~3cmくらいが適量とありますが、その使用量によって泡立ち具合に変化はあるのでしょうか?

 

使用量を1cm刻みで比べてみたのが下記の写真です。

泡比較

左 →使用量1cmで泡立てたもの
中央→用量2cmで泡立てたもの
右 →使用量3cmで泡立てたもの

 

結論からいうと、写真中央の2cm使用がおすすめです。

 

その理由は「質のいい、きめ細かい泡ができる」ことと、「コスパがいい」ことにあります。まず約1cm程度の量だと濃密な泡というよりは、軽くてふわふわした泡ができあがります。これでも十分と感じる人もいるかもしれませんが、この状態だと素肌にふれることができてしまい、肌への摩擦となってしまうこともありそう。

 

一方、3cm程度の量でつくった泡は濃厚ではありながら、あまりボリュームのある泡がつくれませんでした。

 

単純に使用量が多ければ多いほど、泡のボリュームも大きくなると思っていましたが、実際は1cmでも2cmでも顔をおおうのに十分なボリュームの泡ができあがります。

 

また泡立ての際にかかる時間もすべて20秒ほどで泡立てることができるので、相違点はなし。結果的に2cmを使用量の基本に設定することで、質のいい泡で洗うことができ、洗顔料の使いすぎを防いでコスパを良くすることができると思いました。
 

どろあわわ の口コミ検証結果は?

どろあわわの口コミを実際に試した個人的感想と水分量などの数値から検証してみました

口コミ ⇒ 実際

  • 鼻がつるんとした 
    ⇒ つるんとしたように見える
  • しっとりしてつっぱり知らず 
    ⇒ 洗い流しているときから肌のしっとり感があり、洗顔後も乾燥しにくい
  • 泡立ちが本当にいい 
    ⇒ 専用ネットを使えば20秒ほどでたっぷりのモコモコ泡ができる
  • 肌色がトーンアップした(白くなった)
    ⇒ 若干白くなるように感じる
  • 汚れだけでなく、潤いまで落としている 
    ⇒ 肌に必要な潤いは残っている
  • 肌がヒリヒリする 
    ⇒ 特に肌に刺激と感じるようなことはなかった。しかし、長時間使用には注意
  • 肌が乾燥する 
    ⇒ 乾燥はほかの洗顔料よりしにくい
  • 毛穴の汚れは落ちなかった 
    ⇒ 不要な皮脂をとりさり、黒ずみが目立たなくなる

 

 

これ以外にも、


・泡切れがよく、すすぎ残しの不安がない
・泡の感触が気持ちいい

 

といった効果があったように個人的には思いました。

 

少し長い時間洗っていると部分的な乾燥を感じてヒリヒリしたり、かゆくなるという口コミもありましたが、どろあわわは泡パック向けの商品ではありません(公式に「長時間は肌にのせないように」との注釈もありました)。

 

洗い上がりのしっとり感に慣れてくると、うっかり時間をかけて洗ってしまうこともあると思いますが、肌が敏感な方や乾燥肌の人は特に手早くおこなうことを意識したほうがいいかもしれません。

 

総合すると、「どろあわわ」は正しく使うことで、気になる毛穴の黒ずみや汚れをしっかり泥で吸着しながら、豆乳などの力を借りた高い保湿成分で洗い上がりをしっとりさせてくれる、一石二鳥な洗顔料です。1日の汚れを、その日に落とす。お手入れが気持ちよくなるアイテムだと思います。

 

 

肌変化を気軽に体験するには?

そんなどろあわわ(110g)の価格(税込・送料)は

 

・通常価格:3,218円(税込・送料別)

 

1つで約30回分使えるようです。朝晩に使用すると、約半月使えることになります。正直にいうと、洗顔料にしてはちょっとお高い。そう感じる人もいるのではないでしょうか。そんなときは、初回限定価格の恩恵が受けられる、定期コースを利用してみてはいかがでしょうか。

 

定期コース 初回特典付き

定期コース 初回特典付き

内容:
・どろあわわ 110g
・専用泡立てネット
・薬用 つや肌とろり液(美容乳液)ミニボトル(非売品/40mL)
通常価格:3,218円が半額の1,609円(税込)、しかも送料無料に!

 

初回であれば、どろあわわの効果を半額で試すことができます。まず半月使ってみて、その効果を試してみてはいかがでしょうか。気に入った場合は2回目以降5%オフになります。万一、合わなかった場合でも、2回目以降はキャンセルできるので安心ですよ。

 

また、6回以上の定期コースを設定すると、2回目以降も15%オフの金額で購入することができます。

 

定期購入をやめたいとなった場合は、電話にて解約の手続きが簡単にできます。

 

汚れはしっかり落としたい。でも、潤いは残したい。そんな両極端なオトメ心をどちらも大事に考えてくれた洗顔料。それが「どろあわわ」なのだと思います。効果もさることながら、モコモコの泡に包まれる感覚もやみつきに……。泡にやさしくされる幸せを感じてみてほしいです。

 

 

どろあわわ

どろあわわ

メーカー名 健康コーポレーション
容量・価格 110g 3,218円(税込)