オンリーミネラルの口コミを検証!下地なしでベースメイクが完了?

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

スキンケアが終わったら、日焼け止め。次は下地。そのあとファンデを塗って、最後はパウダーでツヤ出し! こんなにベースメイクに時間をかけてもイマイチ肌悩みがカバーできていないのはなぜ…!…? そう思ったことはないでしょうか。

 

ベースメイクは重ねれば重ねるほど肌に透明感がなくなって、かえって毛穴が目立つ気がする私。かといって薄い化粧ではシミやニキビ跡が隠れなくて気分があがらない。どうしたものかと思っていましたが、そんな悩みを解消してくれるファンデーションがあるとのこと。

 

それが「オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション」! 日焼け止め、下地、ファンデがこれひとつですむだけじゃなく、薬用有効成分でメラニンの生成をおさえ、美白ケアができるそう。

 

そんな奇跡のようなファンデーションは本当に実在するのか……。疑り深い私が、効果のほどを実際に試してみました!

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

画像引用元:

https://www.ya-man.com/shop/index.php/module/ShohinShosai/action/ShohinShosai/sno/10121/

 

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーションの口コミ・評判

まずは、口コミからオンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーションのポジティブな点、ネガティブな点を見てみましょう。

  • 筆につけすぎないように量を調整してうまくつけると「素肌のキレイ」な人になれる気がする。全部隠すことはできないけど、重ねづけするとヨレやすくなるので、一度付けがちょうどよく自然。
    (31歳/女性/混合肌)
  • 10時間以上仕事していることもあるので、クレンジング不要なこのパウダーは強い味方。ずっとつけていても肌荒れしないし、きれいにとれる感じなのでササッとお直しできるのもいい。あと、時間がたつと自分の皮脂がいい具合にツヤっぽく見えるのも好きです。
    (22歳/女性/普通肌)
  • 薄く重ねづけすると、シミや毛穴がほんのり隠れて自然でキレイ。パウダーって乾燥するとパサパサしてくるけど、それがない! もっと色展開してほしい。
    (32歳/女性/混合肌)
  • 日やけ止めの効果が高いので、下地がいりません。スキンケアが終わったら少し時間をおいて(私の場合、3分おいてティッシュで余分な油分をとります)、何回かくるくるするとぴたっとつきます。スキンケアが乾いていないベタベタの状態でつけると確実にヨレるので注意!
    (35歳/女性/敏感肌)
  • 海外旅行中に使用。日差しがきつかったけど友だちより焼けてなかったのはたぶんこのファンデのおかげです。日やけ止め効果が高いのに肌に負担がなくて、カバー力もある…。ほかに同じ条件のファンデは見つかっていません。
  • Tゾーンがテカるテカる…。ツヤとは呼べないテカり。別のお粉をはたいてからこのファンデをのせましたが、やっぱりテカるので使用を断念。
    (39歳/女性/普通肌)
  • パールがお粉に入っていますが、このパールが逆に凸凹毛穴を目立たせていると思う。もともと肌がつるつるの人はツヤに見えるんだろうな~。
    (24歳/女性/敏感肌)

 

これ以外にもたくさんの口コミからまとめると

 

  • ・肌に密着して重ねても綺麗
    ・粉っぽさがない
    ・美白効果がある気がする
    ・下地いらず
    ・強い日差しでも焼けにくい
    ・長時間つけていても肌に負担が少なく、崩れない
  • ・毛穴が目立つ
    ・Tゾーンなどテカリが気になる
    ・きちんと基礎を乾かさずにつけるとよれる

 

といった意見が寄せられていました。
さて、これらの口コミは実際どうなのでしょうか…?

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーションの特長

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション2

画像引用元:

https://www.yaman.com/shop/index.php/module/Chumon/action/LpOrder/id/OMCSA?aflid=a_af0187

体験レビューをご紹介する前に、まずは商品の特長をまとめてみましょう。

 

10年前、ミネラルコスメを日本に初めて導入したコスメティクスブランド、それが「オンリーミネラル」です。肌がもっている美しさを呼び起こし、未来の美しさへとつなげるため、オンリーミネラルが徹底的にこだわったのは「肌へのやさしさ」でした。

 

国内外から上質なミネラルを厳選することに始まり、合成着色料、紫外線吸収剤といった肌への負担になりやすい成分を排除。天然由来のものにこだわりました。

 

肌を乾燥させやすいクレンジングを不要とし、石けんで落ちる仕様を実現。とことん肌にやさしい、唯一無二のブランドを目指しています。

 

(1)肌への負担をとことん考えた「天然由来成分」のミネラル

どれだけ肌をキレイに見せることができたとしても、化粧を落としたあとの素肌がぼろぼろなら何の意味もありませんよね。

 

肌本来の美しさを大事に考えるオンリーミネラルのファンデーションには、肌に負担をかけやすいとされる合成着色料、合成香料、紫外線吸収剤、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、小麦由来成分などの成分を使っていません。

 

とことん天然由来にこだわったものを使うことで、肌へのやさしさを追求しています。

 

(2)薬用有効成分がメラニンを抑制!

オンリーミネラルの薬用ホワイトニングファンデーションは下地いらずのパウダーファンデーションになっており、UVカット(SPF50+/PA+++)、ベースメイク、さらに美白ケアがこれひとつで完了します。

 

ミネラル100% の薬用有効成分は肌荒れしているとき、肌の調子が悪いときでも安心。つけているだけでメラニンの生成をおさえてシミ・ソバカスを防ぐことができますし、紫外線や乾燥から肌を守りつつ、まるで素肌のようにぴたっと密着するパウダーが肌悩みを自然にカバーしてくれます。

 

(3)クレンジングの肌負担を排除!

「肌へのやさしさ」をモットーとしているオンリーミネラルの製品は、ほぼすべてが石けんで落とすことができます。肌を乾燥させやすいクレンジングを使わないことで、肌の負担を軽くすることを目指しています。

 

長く肌にのせていても肌への負担が軽く、落とすときもササッと落とせる。心地よい使い心地は、気持ちまでも落ち着かせてくれます。

特徴

画像引用元:

https://www.ya-man.com/shop/index.php/module/ShohinShosai/action/ShohinShosai/sno/10121/

商品の実際の使用感

さて、それではいよいよオンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーションの気になる使用感についてご紹介していきます。

 

まず、商品はこんな感じになっています。
商品外観薬用ホワイトニングファンデーションは、十字のような模様が描かれた透明なケースにはいっています。
取り出し口ケースを開けると、7ヶ所に小さな正方形の穴があいていました。ここからパウダーが出てくるようです。

 

ふたを裏返しにしたところに、お粉をとりだしてみました。

パウダー1パウダー2パウダー3 カラーはオークル(左:標準色)とライトオークル(右:色白の方向け)の2色展開ですが、今回はオークルを使ってみます。粉自体は特に特徴がないように感じますが、細かいといえば細かいかな? 注意していないと何かのはずみでバフン! と粉がまいあがることがあるので、取扱いには注意が必要です。

ブラシお粉をブラシに十分に含ませます。くるくるっとふたの裏に押しつけるようにしてブラシに粉を含ませ、そのまま手の甲にササッとつけてみました。

仕上がりとても自然な仕上がりですね。オークルでも、かなり白みがかる気がします。手の甲にあった乾燥による細いシワや薄いほくろのようなものが消えて、ムラのない面を感じる美肌になりました。これは顔にのせるのが楽しみになってきます。

 

では早速、薬用ホワイトニングファンデーションを顔につけてみましょう。

 

<使用方法>※公式サイトより
使用量目安:パール1粒分くらい

 

①ファンデーションをフタに適量とり、ブラシに含ませるようにフタの上でクルクル。
※フタに出すファンデの量はパール1粒分くらい。顔全体を薄くカバーできます。

 

②パウダーを含ませたブラシを、フタの端でトントンと叩いて余分なパウダーを落とします。
※ブラシ表面にパウダーが残っていると、ムラづきの原因に。もう一度パウダーを馴染ませ、トントン叩きます。

 

③顔の中心から外側に向かってブラシでクルクル。ステップ1~3を繰り返すとカバー力がアップします。
※ブラシのコシを感じるぐらい、やや強めにブラシを押しあてながら、頬を軽く押し上げるように円を描いて肌に馴染ませます。

 

スキンケアを終えた肌に公式サイトの使い方どおりにパウダーをくるくるしてみました。

使用後まず感動したのは「粉っぽくならない」こと。パウダーファンデーションは薄くつけられるのがメリットですが、お化粧直ししようとするとムラになったり、重ねることで粉っぽく見えたりするのが悩みでした。でもこちらは2度付けしても粉っぽさがでません。

 

「少量を少しずつ重ねる」という前提がありますが、重ねれば重ねるほど肌のアラがちょっとずつ隠れて、もともと素肌がキレイな人のように見えてきます。私の場合は2~3回が理想的と感じました。

 

「カバー力がある」とひとことでいっても、肌を粘着性のある肌色クリームでおおったり、毛穴のへこみを埋め込んだりするのではなく、薄いベールのようなもので「素肌のような透明感のある美肌」に近づいていくイメージです。

 

「あんまりお化粧してないけど、素肌キレイだな~」と思われそうな、まさにそんな感じです。

 

そして、ブラシでくるくるするときも、ひっかかりなどなくスムーズ。小鼻のキワや目もとなど、くぼみにしっかりつけようと注意深くならなくても、きちんと顔にムラなくつきます。それに、付け心地がとにかく軽い! 

 

カバー力のあるほかのファンデーションは仕上がりはきれいなものの「むむっ、このへん乾燥してきそう」とか、「このへん、ちょっとかゆいんだよな」など、つけた直後や時間が経過してから不安な点が出てくるのですが、薬用ホワイトニングファンデーションはつけおわったあとの軽さにびっくり。

 

かゆみや赤みがでそうな場所もなく「これならたぶん肌トラブルおきないな」という、妙な安心感がありました(実際、ニキビや吹き出物もできなかったです)。

 

また、どれだけ肌悩みをカバーしたいかは人によって差がありますよね。その点も、公式サイトに説明がありました。薄付きの場合は2~3回、しっかりカバーしたい場合は5~6回、1~3を繰り返すといいようです。

 

その日の肌のコンディションや、どう見せたいかなどに応じて回数分けするといいかもしれませんね。ちなみにクマやシミがあるときはブラシを寝かせ、押しつけるようにパウダーをのせると良いとのこと。また、毛穴が気になるときは埋めるように毛先をくるくるしてつけていくと、うまくカバーできるそうです。

「下地いらず」を徹底検証! 肌状態を比較

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーションはUVカット(SPF50+/PA+++)、ベースメイク、美白ケアがこれひとつで叶う、ミネラル100%の薬用ファンデーションです。では実際、下地なしで付けたときの付け心地はどうなのか。写真を比較しながら検証していきたいと思います。

 

まずは、下地をぬらずに顔半分を薬用ホワイトニングファンデーション、もう半分に普段使っている別のパウダーファンデをぬって比較してみましょう。

比較1左 普段のミネラルパウダーファンデーション
右 オンリーミネラルファンデーション

 

細かくいうと、いつものミネラルファンデをぬったほうは表面の油分を吸着しているようでマットっぽい仕上がり。手ざわりはサラッとしています。薄付きファンデなので、うっすら毛穴が目立っていますが肉眼ではそれほど目立ちません。

 

一方、オンリーミネラルファンデーションのほうはパウダーをはたいても頬の高い部分に自然なツヤが出ます。おでこや鼻の頭のテカりはおさえつつ、不思議と頬の高い部分はツヤが残る……。また頬全体に点々とあった薄茶色のシミと、小鼻横あたりの頬の毛穴が目立たなくなったように感じました。

 

いつものパウダーファンデと同じ量、同じ力でのせていて、同じミネラルファンデーションなのに、ここまでカバー力が違うものなんでしょうか。

 

また肌への密着感ですが、いつものパウダーファンデがサラッとした手ざわりになるのに対し、オンリーミネラルファンデはつけたあとも肌がしっとり。肌にツヤが残るのもこのしっとり感があるからなのかもしれません。

 

ではこの状態のまま、1日過ごしてみることにしましょう。

比較2左 普段のミネラルパウダーファンデーション
右 オンリーミネラルファンデーション

 

左の普段のミネラルパウダーファンデーションをつけているほうは、かなりテカっていますね。右のオンリーミネラルファンデーションもテカってきてはいるのですが、まだツヤと呼べるレベル。

 

お昼のお化粧直しはしなかったので、若干化粧が落ちてきていましたが毛穴などが汚れてみえることなく、皮脂とまざりあってツヤっぽく落ちていくので(ティッシュで軽くおさえればパウダーごと吸収される感じ)「どろどろ顔」になる心配もなし。

 

数時間外出しましたが(季節は秋)、日焼けはどちらにも見られませんでした。夏場、汗をかくときにはお昼のお化粧直しが必須ですが、日焼け止めを使用しなくても日焼けが予防できるのはとてもうれしいですね。

 

では次に、スキンケアを終えてからすぐつけた場合のヨレについて、検証していきたいと思います。朝の時間は特に手早く身支度を終えたいものですよね。スキンケアを終えて下地なしとはいいますが、スキンケアを終えてすぐにパウダーをつけてもヨレないものなのでしょうか?

比較3左 スキンケア完了後すぐにパウダーをオン
右 スキンケア完了後、5分おいてからパウダーをオン

 

左はスキンケアの後にすぐファンデをつけた肌です。まだ肌に残っている乳液が粉を吸ってしまうのか、筆でくるくるしているときに重さを感じてパウダーが付けづらかったです。ブラシには均一に粉が含まれているのに、部分的に厚めについたり、逆にまったくついていなかったりとムラができ、毛穴がカバーできていない部分も見られました。

 

一方、スキンケア完了後、5分おいてからパウダーをつけた右の肌は保湿成分が肌の内部に馴染み、表面はさらっとしているためかブラシの進みが良く、表面に均一にムラなくつけることができ、写真で見てもわかるように仕上がりもきれいでした。忙しい朝の時間は「この5分が惜しい…!」と感じる人もいるかもしれません。

 

でも、ムラになるわ、ブラシでくるくるしづらいわで時間をとられるなら、5分待ってからつけたほうが結局時間短縮になるのではないかと個人的には思いました。

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション 口コミ検証結果

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーションの口コミを実際に試した個人的感想と水分量などの数値から検証してみました


 
口コミ ⇒ 使用した感想

 

  • 肌に密着して重ねてもキレイ
    ⇒ナチュラルメイクなら2~3回でキレイに。皮脂とまざりあってツヤになる
  • 粉っぽさがない
    ⇒重ねても粉っぽくならない
  • 美白効果がある気がする
    ⇒外出しても、日焼けはしなかった
  • 下地いらず
    ⇒下地がなくても十分なカバー力がある
  • 強い日差しでも焼けない
    ⇒日焼けは見られなかったが、夏場は付け直しが必要かも
  • 長時間つけていても肌に負担が少なく、崩れない
    ⇒夕方にはテカりだすがまだツヤと呼べる範囲内。ニキビや吹き出物もできなかった
  • 毛穴が目立つ
    ⇒つけすぎると乾燥しやすくなり、目立つ恐れあり
  • Tゾーンなどテカリが気になる
    ⇒夕方でもツヤと呼べるレベル
  • きちんと基礎を乾かさずにつけるとよれる
    ⇒基礎終了後、5分置いたほうが格段にキレイ

 

<検証結果>
・透明感を残したまま、肌悩みをカバーできる
・メイクの落ち方がキレイ
・スキンケア後からパウダーをつけるまでに少々時間が必要

 

これ以外にも、
・肌が疲れない

 

といった効果があったように個人的には思いました。

 

スキンケアを終えてからパウダーにうつる前には、5分程度時間をおいてからのほうがいいと説明しましたが、「とにかく時間がない!」というときには軽くティッシュオフして大きめのブラシにパウダーを含ませてくるくるしてみるとムラにならず、仕上がりが良くなるかと思います。

 

薄く重ねることでシミ、ニキビ跡、毛穴といった肌悩みも自然に目立たなくなりますし、重ねてもツヤっぽさや透明感が失われることがないので、肌が若々しい印象になります。薬用の有効成分が含まれているので肌トラブルを抱えているときも安心して使えるのがうれしいですね。

 

総合すると、「オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション」は肌の調子が悪いときも、これひとつで透明感のあるベースメイクが完成する便利で優秀なコスメアイテムでした。

 

メラニンの生成をおさえる薬用有効成分が含まれているので、メイクしながら美白ケアができるという、一石二鳥なところもうれしい…! 忙しさで寝る時間も少なかったり、食生活が乱れたりと自分の肌にやさしくできていないときも「これだけは私の肌をいたわってくれている」と、肌への安心感を与えてくれるファンデだと思いました。

肌変化を気軽に体験するには?

そんなオンリーミネラル 薬用ホワイトニイングファンデーション(2.5g)の価格(税込)は

 

・通常価格:3,348円

 

ひとつで約1.5~2カ月使える薬用ホワイトニングファンデーションなので、1カ月に換算すると約1,600円程度。日焼け止め、下地の必要がないことを考えると、かなりコスパも良さそうです。

 

でもファンデーションは色味も大事だし、お粉の付け心地もやっぱり気になる……。なんて人は2週間分のファンデが試せるお試しセットがおすすめです。

 

オンリーミネラル薬用ホワイトニングファンデーションデビューセット

デビューセット内容:
・薬用ホワイトニングファンデーション 1g
・デビューブラシ  
・フォーミングソープ     
・コスメポーチ
価格:2,052円(税込・送料無料)

 

ファンデーションのほかにミニブラシと洗顔料、コスメポーチがついてきます。2,000円ほどで2週間試せるので、その使い心地を試すには十分かと思います。

 

美白ケアができる薬用ファンデーションシリーズは肌の調子がわるいときも気兼ねなく使えるので、ポーチにあると安心感があるかもしれません。

 

手間をかけずに、透明感のある美肌に。肌への刺戟を軽くして、ついでに美白もできたらうれしい。そんな女子の願いに寄り添う、オンリーミネラルの薬用ホワイトニングファンデーション。使ってみたことで、ミネラル成分でもカバーはできること、美白が叶うことを知り、「肌をいたわること」の大切さを再認識できたような気がします。肌との向き合い方を見つめ直したい人はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

メーカー名 ヤーマン
容量・価格 2.5g 3,348円(税込)