UVケアを超える名品、赤ちゃんも使えるオーガニックコスメ

UVケアを超える名品、赤ちゃんも使えるオーガニックコスメ

今日の東京は風が斜めに吹きすさぶ嵐、嵐、嵐です。電車も遅れ気味、皆さまのテンションも下がりぎみ、傘をさすのもギリギリな状態でございました。

こんな日はメイクの崩れが心配で朝から憂鬱になっている方も多いかもしれませんね。

憂鬱になりがちな雨の日は、愛するベースだけを纏う

こんな嵐の日に朝にやること、それはベース作りのみでOKです。アイメイクとかしたら、マスカラやらアイシャドウやらアイライナーやらがよれたり崩れたりしてゾンビみたいな顔になっちゃうから、だったら最初からしなくていいの。

 

最近はBBクリームとかCCクリームとかクッションファンデとか、色々と便利なものがあるからお好みで、という感じではありますが、エディターSがここ2年ほど、愛用している日焼け止めクリームがあります。超人気ベストセラーアイテムなので、ご存知の方も多いはず。

 

とっても使い心地が良くて、ベースとしても使えるし肌への負担も軽くて最高なので、ぜひここでご紹介させてくださいね。

WELEDAってどんなブランド?

私がベース代わりに使っている日焼け止めは、1921年にオーストリアの哲学者ルドルフ・シュタイナーと、医師と薬剤師によって創設された、筋金入りのオーガニックコスメブランド、WELEDA(ヴェレダ)のものです。

ヴェレダについて

“シュタイナー”って、なんか聞いたことある! という方、そう、子供の教育方法の一環である「シュタイナー教育」を作った人なんです。すごく簡単に言うと、子どもは勉強させるだけじゃなくて、体を使ったアート活動が心も身体も成長させてくれるんだよ、という思想なのですが、難しい話はまたの機会ということで。

 

WELEDAは100%天然由来成分を使った、オーガニックに特化したブランドです。日本はオーガニックの規定がアメリカやヨーロッパに比べてとっても低いので、簡単に“オーガニック”というワードを使いがちなのですが、WELEDAの製品は自社ハーブ農園や認証機関を通じた野生種の採集など、その品質基準は世界最高とも言えるレベルなのです。

もう日焼け止めを塗った感とはさようなら

突然ですが、日焼け止めって、高いSPFとかにすればするほど、カバー感はあるけど肌が白っぽくなってしまったり、塗ったところがピリッとするというか、なんだか違和感が出てしまったりしませんか? 私はします。

日焼け止めといっても、さらに化粧下地を塗ったりという丁寧なメークはしない派なので、UVケア=化粧下地になるわけです。それなのに、白っぽかったりつけ感が微妙だったりするのって、ちょっと快適じゃないですよね。それらの問題点を全てクリアしているのが、この「エーデルワイス UVプロテクト」なんです。

エーデルワイスのすっきりとしながらも華やかで上品な香り、程よく色味が入っているので白浮きせず、しっとり馴染む感じとか、ほんと、絶妙です。なくなるとWELEDAロスになりかねないので、コスメキッチンで必ず置いてあるのがほんと助かるのよね。

毎日SPF50じゃなくてもいいんだよ

しっかり紫外線対策したいから、SPF値は50、PA+++がマストで! なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、日常的にはSPF30くらいでいいと言われているし、その方が肌にもやさしい。外出時間が長い日や、アウトドアシーンでは数値は気にすべきなのかもしれませんが、毎日肌につけるものは心地いいものに限ります。

 

これから日焼け止めはマストな季節だから、デイリー使い用、アウトドア用、ちょっとそこまで用などなど、シーンによって賢く使い分けていきたいですよね。

会社に着いたらパウダーオン、でハイ終わり

駅からほんの数分なのに、雨でびしょ濡れ、せっかくセットしたヘアもモワモワ、でも顔はベースメイクだけだから大丈夫! オフィスに着いたらパウダールームに直行して、メイク崩れをチェックして! 顔は優秀ベースが守ってくれたから、あとはフェイスパウダーをパタパタと叩いて、アイメイクをする時間があったら仕上げましょう。

 

私はこんな時、マスカラだけプラスして、今日のメイクはこんな気分だからこうしてるんですよ~というテイで仕事をスタートします(笑)。

 

天気がいい日もそうじゃない日も、女の味方は幾つになってもこんな優秀コスメたちなんだよね。いつもありがとう。そしてこれからもよろしく。皆さま本日も頑張っていきましょう!

 

ではまた。

 

(エディターS)

UVケアを超える名品、赤ちゃんも使えるオーガニックコスメ

UVケアを超える名品、赤ちゃんも使えるオーガニックコスメ

メーカー名 WELEDA
容量・価格 50ml・2300円