ドデカ綿棒でガっとケミカルピーリングできる「Peelingood」を試した

コンプレスキュー ピーリングッド

美容皮膚科の施術でも、気軽なようでちょっと怖いのが「ケミカルピーリング」。
古い角質層を取り除いて、その下にあるキレイなお肌を、、、というのが基本理念ですが、
ぶっちゃけ怖い、ですよね。気軽にガツっとできそうなピーリングアイテムを試して見ました!

でも、それでもやりたいのがケミカルピーリング。
やった後の日焼けは注意!とか、いろいろなリスクはあるけれど、
お肌の調子がよくなると、お化粧も…

……やっぱり、手軽にピーリングしたい!!!

というわけで今回試してみたのが、コンプレスキューの「Peelingood」(ピーリングッド)です。

ドデカ黒綿棒で、広範囲を一気にピーリング!

なんといってもこの「ドデカ綿棒」が目を引きますよね。
通常の5倍サイズなんだそうです。

▲超高校級、ですね

 

これにピーリング剤を含ませて気になる部分を優しく撫でる……という使い方。

 

ピーリング剤には

・肌にハリ・ツヤを与え保護する加水分解コラーゲン
・肌を整えるパパイン
・肌をひきしめ・肌荒れを防ぐレモン果実エキス

 

が含まれ、お肌のケアも同時に出来る!という触れ込みです。

 

恥ずかしいくらい、ピーリングされます

使い方は
洗顔後→ピーリング→再洗顔→保湿など、いつものスキンケアの順番。

……というわけで、このドデカ綿棒につけて、
腕をこすってみました……

▲ごめんなさい

やばいやばいやばい。
いちおうお伝えしますが、お風呂に入ってるのにこの取れようです……
もちろん、顔もポロポロポロポロ……

頬などの気になる部分には頼もしいドデカ綿棒ですが、人によっては小鼻などはやりづらい感じかもしれません。

気になるお肌は……というと、
ザラっとしていた部分は確かにツルっとした触り心地です。
でも、やはりピーリング。

すぐに乾燥を感じてしまうため、事後のケアはすみやかに行いましょう。

よく取れすぎたせいか、ライターMは次の日少し赤み・かゆみが出てしまいました。
拭き取るだけではなく、ちゃんと丁寧に洗い落としてくださいね。

 

ピーリングで大事にしたいのは「事後のケア」


ピーリング=「皮を剥く」、つまり、剥いたあとのケアがとっても大切!

 

・ピーリング剤を丁寧に落とす
(ライターMは洗わず、拭き取ったのですが、残ったところが痒くなりました※自業自得)
・事後のしっかりとした保湿
・UVカット(やったあとはしばらく日光に当たらない方がいいと思います)

 

なので、なるべく外出の予定のない日の前日の夜に行うスペシャルケアとして、おすすめだと思います。

肌の弱い人、日焼けなど肌にダメージを受けている人などは、気をつけて。

ポロポロ取れるのはおもしろいけど、「やりすぎ」には注意してください!
 

コンプレスキュー ピーリングッド

コンプレスキュー ピーリングッド

メーカー名 その他
容量・価格 500円(税抜)