持ってるだけで背筋がピン!シャネルの最強フェイスパウダーが好きすぎる件

デュオ ブロンズ エ ルミエール〔クレール〕

みなさんの初シャネルはどんなアイテムでしたか? 
エディターSは同級生に連れて行ってもらった先で購入した口紅「ルージュ ココ」でした。

前回のCHANEL記事はこちら↓
女が化粧をする理由 〜CHANELの洗練アイライナー〜

どんなアイテムでも唯一無二のスペシャルになるのがシャネルのすごいところ。今回は、エディターSお気に入りの特別限定品、フェイスパウダーについて書きました。

ぜひ、読んでみてくださいね。

シャネルのコンパクトはロールスロイスの○○と同じ!?

エディターSが初めて買ったシャネルのコンパクトは伝統的なチークカラー、「ジュ コントゥラスト」のコーラルピンクでした。

ドーム型のフォルムが本当に美しく、開くたびにうっとりしていたものです(^_^)。

こちらのチークカラー、とってもコスパが良く、もう2年近く使っていますが、まだまだスタメンの勢いです。

 

シャネルのコンパクトを閉める時、なんとも表現するのが難しいのですが、「パタム」という感じの、不思議な音がするのをご存じでしょうか。

私も知らなければ意識することはなかったと思います。この音、あのドイツの超高級車・ロールスロイスのドアを閉める音に似せているのだそう……!

 

残念ながら私、ロールスロイス車に乗ったことがないので事実確認が出来ていないのですが(笑)、コンパクトを閉める音までこだわるというラグジュアリーブランドならではのこだわり、さすがです。

さりげない“コントゥアリング”が大人お直しのコツ

そろそろ、お直しとして持ち歩ける次なるフェイスパウダーが欲しいなーと思っていた矢先、久しぶりに訪れたシャネルで、嬉しい出会いが。

小麦色の肌にグリーンのエキゾチックなアイメイクが素敵なBAのお姉さんがオススメしてくれたのが、こちらのフェイスパウダー「デュオ ブロンズ エ ルミエール〔クレール〕」だったのでした。

2種のパウダーは、左側がナチュラルツヤ感のあるベージュ系のフェイスパウダー、右側がシマーな輝きの控えめピンク系ハイライターです。


それぞれテクスチャーが違うのと、発色が出過ぎないので、不器用さんでも自然にコントゥアリングしたかのような立体感を出してくれます。

 

付属のブラシも秀逸で、まん丸フォルムが可愛いのと、全体が少しカーブがかっているため、とっても持ちやすく、使いやすいんです。


シャネルのHPにも動画でやり方が紹介されていますが、額、頰、鼻の下、顎、などあくまでもポイントで乗せていくとお直し感も出過ぎず、ブラッシュアップした感じに仕上がります。

 

コンパクトのサイズが大きめなので、開いた時のミラーも顔全体が見やすく、外出先でもお直ししやすいところもポイント。


使うたびに、「あ~買ってよかったな~」とひとりほくそ笑んでいます(怪)。

イエベ肌のお粉の新定番! 大人セクシー日焼け肌を目指せ

夏って、いくらUV対策をしていてもやっぱり……どうしたって焼けちゃいますよね。

ファンデーションも、白いお粉や秋冬シーズンの残り(すみません汗)を使ってお直しするとどうしても顔だけ白浮きしてしまい……。
しかも大人肌は、日焼けすると途端にトーンダウン感が出るようで、黄ぐすみが気になってしまいがち。

 

そんな人にとっても、このフェイスパウダーは程よく焼けた肌をナチュラルでセクシーに見せてくれ、ひと塗りでツヤ肌に仕上げてくれる心強い存在です。

今回ご紹介したアイテムは、〔クレール〕と〔ミディアム〕 の2色展開。

特別限定品のため、オンラインではどちらもSOLD OUTになっていましたが、シャネルのフェイスパウダーは他にも様々なバリエーションがあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

お直し用のコンパクトとしても、ギフトとしても、1つ持っているだけで、スペシャルな日常を演出してくれますよ。

8/16発売!秋のモノクロームコレクションにも注目

シャネルのAWコレクションは、ノワール(黒)とブラン(白)にインスパイアされたモノクロコレクション。

 

創始者ガブリエル・シャネルも愛したこの2色による新しい解釈は、ブラックとシルバー、ホワイトの美しいグラデーションで構成された4種のアイシャドウ「レ キャトル オンブル」の他、シルバーのラメが入ったクリアなグロス、漆黒のマスカラなど、モノクロ映画のようにドラマティックなラインナップです。

 

ちなみに、エディターSのオススメモノクロ映画は「カサブランカ」です。


イングリッド・バーグマンの目を見張るほどのお肌の美しさと、超有名なハンフリー・ボガードの名台詞、

君の瞳に乾杯(Here’s looking at you, kid. )

をお聴き逃しなく。

 

このセリフ、実は映画のオリジナル版には“瞳”という要素は一切入っておらず、かなりの意訳なのです。でも、こういうセリフをつけたくなるほど、イングリッド・バーグマン演ずるイルザの瞳は、聡明で美しく、モノクロっていいな、と思わせてくれる名作です。

 

少し余談が過ぎましたね(^ ^)。

では、また。

 

 
PROFILE
 
エディターS 東京在住アラフォーです(^-^)。美容雑誌や情報誌の編集プロダクションで編集者をしたり、ワインのインポーターでの営業や子ども英会話の講師などを経験したりして、現在はなぜか『キニナルコスメ』の編集・ライター担当に。最近は、無印良品で購入したオリーブを育てるのが唯一の癒し。インスタ、ほぼ毎日更新していますのでチェックしてくださいね♪
アカウント→@kininaru_cosme

デュオ ブロンズ エ ルミエール〔クレール〕

デュオ ブロンズ エ ルミエール〔クレール〕

メーカー名 CHANEL
容量・価格 8g 本体価格 7,700円