花粉肌荒れ対策にはコレ!敏感肌でも使える米ぬかスキンケア「inaho」の化粧水&クリーム

敏感肌でも使える米ぬかスキンケア「inaho」の化粧水&クリーム

2021年は昨年よりも花粉の飛散量が多く、花粉症の皆様からすると辛い時期に突入しました。

花粉症のくしゃみや痒み以外にも悩まされるのが「花粉肌荒れ」ですよね。

「今まで使ってきた化粧水が染みる!」などのトラブルが急増中…。

そんな花粉肌荒れ中は、敏感肌でも使えるスキンケアで優しくケアするのがおすすめですよ!

今回は特におすすめしたい、「inaho」というブランドの化粧水&クリームを紹介していきます♪
 

友だち追加

花粉肌荒れはどうして起こる?

健康な肌はバリア機能が働き、花粉やほこりなど異物の侵入を防ぎます。

しかしマスクの摩擦や生活習慣の乱れ、間違ったスキンケアなどにより、バリア機能が乱れると花粉が肌の奥に侵入してしまうのです。

そうすると肌が炎症して肌荒れに繋がります。

マスクでウイルス・花粉から肌を守っているのに、花粉肌荒れが起こるのはどうして?と疑問を持つかもしれません。

花粉は外出時に髪や衣類に付着し、家の中まで入ってくることがあります。

さらに外干しした洗濯物に付着し、花粉が付いたタオルで顔を拭いている可能性も…!

素肌でいる家の中で花粉が肌に付き、アレルギー反応が起きて肌荒れへ繋がっているのです。

花粉でくしゃみや鼻づまりの症状がなくても、花粉肌荒れを起こす人もいます。

花粉肌荒れ中は敏感肌向けコスメを

花粉肌荒れ中は肌が炎症を起こしている状態。

肌荒れ中は美容液などスペシャルケアを取り入れたくなりますが、それは逆効果です。

美白やエイジングケアなど、肌へ働きかける力が強いスキンケアは刺激になり、バリア機能をさらに乱す原因になります。

肌荒れしているなら刺激を極力抑え、シンプルに徹した「敏感肌向けのコスメ」を使用して肌を休ませてあげることが大切ですよ◎

バリア機能を整えるにはまずは保湿が基本。

余計なケアは行わず、優しく保湿してあげましょう。

スキンケアだけでなく、ベースメイクも石けん落ちコスメに変えて肌負担をなるべく減らすのがおすすめです!

米ぬか由来の自然派スキンケア「inaho」って?

花粉肌荒れ中におすすめしたいのが、「inaho」というスキンケアブランドです!

「ぬか床をかき混ぜる人の手は美しい」というように、米ぬかにはたくさんの美容効果があります。

お米の栄養分の95%は米ぬかに含まれていて、お米由来の優しい成分がたっぷり使用されているんです!

白米をよく食べる日本人と相性が良い成分で、敏感肌でも安心して使えるでしょう♪

合成香料・合成着色料・鉱物油・アルコール不使用で、赤ちゃんの肌にも使えるほど優しい処方で全ての製品を作っています。

米ぬか成分で肌を潤し、バリア機能を整えましょう!

inahoの化粧水&クリームは実力派のスキンケア♡

inahoはたくさんのスキンケアアイテムを展開していますが、その中でも花粉肌荒れ中におすすめしたいのが化粧水&クリームです!

1つずつ特徴を解説していきますね!

イナホ コンディショニングローション

米ぬか由来の成分をたっぷり配合し、角質層に潤いを届けてくれる化粧水です。

特に注目したい米ぬか成分は3つ!

●イノシトール
肌の皮脂量を適切に保つ成分で、乾燥肌は皮脂を増やし、脂性肌には皮脂を減らす働きをしてくれます◎
どんな肌質の人でもバランスの良い皮脂量に仕上がるんですよ。

●コメヌカエキス
ビタミンB群、ミネラルが非常に豊富です。
肌にたっぷりの栄養を与え、バリア機能整えます!

●フィチン酸
米ぬかから抽出できる有機酸。
肌に潤いを与え、水分保持力を高めてくれます。

肌荒れ中はバリア機能が乱れ、肌の水分・油分バランスが崩れてしまう…。
コンディショニングローションはそんな肌にアプローチして、健やかな肌に導いてくれますよ!

肌にたくさんの潤いを与えるのに、テクスチャーはサラサラ。

ベタつきがないのでメイク前のスキンケアとしても優秀です♪

水のようにサラリを肌に馴染むので、女性だけでなく男性でも使いやすいでしょう!

イナホ モイスチャーフェイスクリーム

化粧水同様、米ぬか成分をたくさん配合したクリームです。

乳液よりもオイル成分が豊富で、肌の水分蒸発を防ぐ効果に優れています◎

ローションと同じく、イノシトールとフィチン酸を配合。

さらに次の2つの成分がクリームには入っています。

●コメ胚芽油
玄米10キロから1%しか取れない貴重な成分で、低刺激な保湿成分として人気!
肌を乾燥から守り、柔らかでキメの整った肌にしてくれます♪

●オリザノール
保護力が高く、肌を乾燥や刺激から守ります。こっくりとしたテクスチャーのクリームで、肌に密着して1日中潤いをキープ!

固めのクリームですが肌に乗せると馴染み、サラッとした質感に変化します。

花粉肌荒れ中は肌が乾燥しやすいので、クリームはマストアイテム。

いつもは乳液やオールインワンを使っている人も、この季節だけはクリームを取り入れるのがおすすめですよ♡

モイスチャーフェイスクリームはベタつき・テカリが少なく、クリームに苦手意識がある人でも使えるでしょう!

inahoを約2週間使ってみた!

私は約2週間、inahoの化粧水&クリームを使っています。

花粉肌荒れが始まってすぐinahoにスキンケアを変えたおかげか、例年よりも肌荒れ具合がかなり緩和されました!

この季節はどんな化粧水を使っても染みてしまうのですが、それも大丈夫。

安心して使えるのでかなり重宝しています♪

もともとは乾燥肌ですが、inahoに変えてから肌のキメ・潤いがアップした感じがあります。

クリームは肌に乗せるとサラッとするので、初めは物足りなかったです。

しかし肌の中はしっかり潤っていて、表面がベタつくだけが保湿力ではないのだと知りました!

日中もメイクの邪魔をしないので、肌への効果だけでなく使い勝手の良さもお気に入りのポイント♡

花粉シーズンが終わっても、生理前や季節の変わり目など肌荒れしやすい日に備えてinahoは常備しておきたいですね。

まとめ

今回は花粉肌荒れにぴったりなinahoの化粧水&クリームを紹介しました!

通販での販売なので実際にテクスチャーを試すことはできません。

しかし1週間のお試しセットが1,200円(税込)送料無料で公式通販より販売されているので、こちらからトライするのも良いですね◎

ぜひ、花粉により肌が敏感になっている人は試してくださいね♪

一緒に花粉シーズンを乗り切りましょう!

キニナルコスメインスタアカウントはこちら

キニナルコスメtwitterアカウントはこちら

友だち追加

 

 
PROFILE
 
morita 元化粧品メーカー社員。今は美容ライターとして活動中。美容資格マニアで、コスメコンシェルジュ・化粧品検定1級・化粧品成分検定2級・メイクアップアドバイザーなどを取得済みの美容オタクです♡日々たくさんのコスメに触れ、より良いものを探し求めています。
 

敏感肌でも使える米ぬかスキンケア「inaho」の化粧水&クリーム

敏感肌でも使える米ぬかスキンケア「inaho」の化粧水&クリーム

メーカー名 イナホ