「オルビス 薬用 クリアローション」はニキビ対策になる? 自分の肌で試してみた!

オルビス 薬用 クリアローション(しっとり・さっぱり)

体調不良、睡眠不足、食生活の乱れ…。肌トラブルが起きる原因は本当にいろいろですよね。なかには自分自身の生活を改めることで改善できるものもありますが、自分でコントロールしにくいのが「生理前」の肌荒れではないでしょうか。

 

生理がある限り、仕方がないか… と半分あきらめているものの、それでもニキビができたら悲しいもの。できる前に予防したいと思うのですが、生理前のニキビ対策はどれだけやってもムダなのでしょうか?

 

実は生理前は肌のバリア機能が低下しており、その影響で肌トラブルが起きやすくなっている可能性があります。もしそうなら、バリア機能自体を高めることで生理前の肌の不調も起きにくくなるかも…。

 

そんな肌の持つバリア機能に着目しているのが、スキンケアブランドのオルビス。同ブランドの「クリアシリーズ」は肌のバリア機能を高め、ニキビの原因を根元から断つアプローチをしてくれるといいます。そこでシリーズのなかでも評価の高い薬用クリアローションを私も使ってみることに。1週間の継続使用で、私の肌に変化が起きるかを実験したいと思います!

オルビス 薬用 クリアローション

画像引用元 http://pr.orbis.co.jp/cosmetics/clear/10/

 

オルビス 薬用 クリアローションの口コミ・評判

まずは、口コミから薬用 クリアローションのポジティブな点、ネガティブな点を見ていきましょう。

 

 

  • 頬や口のまわりは乾燥、それ以外はテカりやすい混合肌です。生理前にちょこちょこニキビができます。クリアローションのしっとりタイプの潤い感は私の肌にぴったり。悩みもほとんどなくなって周りからも「肌キレイになったね」と褒められるようになりました。(28歳/女性/混合肌)
  • フェイスラインに突然大量のニキビができてしまい、ニキビ用のエステに通っていましたがお金がかかりすぎて…。手当たり次第にコスパの良いニキビ向けアイテムを探し、クリアローションのさっぱりタイプに行き着きました。結果、1か月ほどかかりましたができていたニキビが少なくなっていき、あとはニキビ跡の消滅を待つのみの段階まできました。(33歳/女性/脂性肌)
  • 生理前の肌荒れ対策に旧シリーズから使っています。新しくなってから肌に付けたあとツルツルするようになって気に入っています。最初のうちは効果を感じなかったのですが、2か月目あたりから生理前の肌トラブルが少なくなったように感じます。(29歳/女性/混合肌)
  • 肌馴染みが良いからすぐにメイクできるところが好き。さっぱりした使い心地で、特に夏場は快適。(28歳/女性/脂性肌)
  • 生理前の1週間前からこのローションに切り替えます。ノンオイルで保湿が心配だけど、冬場でも乾燥を防いでくれると思います。お値段以上の化粧水だと思っています。(24歳/女性/混合肌)
  • 確かにニキビはできにくくなったような気がする。でもまったくできないわけじゃないし、特別な何かがあるようには感じられなかった。(33歳/女性/敏感肌)
  • しっとりタイプでもさっぱりしているので保湿感が物足りない。ほかのアイテムでしっかり保湿が必要。(29歳/女性/混合肌)
  •  

 

 

これ以外にもたくさんの口コミからまとめると

 

  • ・肌馴染みが早い

    ・生理前の肌荒れが減る

    ・肌がツルツルになる

    ・新しいニキビができにくくなる

  • ・保湿効果が薄い

    ・良くも悪くも効果を感じない

 

 

といった感想が多いようです。

 

では実際に使ってみたらどうなのでしょう。後ほど、じっくりレポートしていきたいと思います!

オルビス 薬用 クリアローションの特長

特長

 

1987年に創業したオルビスは「本当に心地いいとは、どんなこと?」をずっと考え続けてきたスキンケアブランドです。化粧品業界における商品の処方、配送やサービス、シンプルなボトルデザインなど「当たり前」といわれていることにこだわりすぎず、常に使う人の目線で「肌と気持ちに心地いいこと」を求め続けているそうです。

 

ニキビ研究を続けて25年がたち、このほど新たに誕生した「クリアシリーズ」はオルビスの集大成ともいえそう。では同シリーズの薬用クリアローションにはどんな成分や効果があるのでしょうか。

 

毛穴のなかの皮脂に馴染む「ディープデリバリー」処方!

画像引用元: http://pr.orbis.co.jp/cosmetics/clear/10/

 

薬用クリアローションは、毛穴のなかの皮脂に馴染みやすい「ディープデリバリー」という処方で、毛穴の奥まで成分を浸透させることができます。この処方により、ニキビや肌荒れを防ぎすこやかな肌へと導いてくれます。

 

肌のバリア機能をあげ、ニキビ・肌荒れの原因を断つ!

特長3

画像引用元 http://pr.orbis.co.jp/cosmetics/clear/10/

 

生理前の肌の不調。この不調期は肌のバリア機能も低下しています。このバリア機能を高めるために配合されているのが「紫根エキス」です。これは紫草という植物の根からとりだされたエキスで、肌のバリア機能を高めて強い肌へと導いてくれるそう。

 

また有効成分であるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。この有効成分はすでにできてしまったニキビの悪化や肌荒れを防いでくれる頼もしい存在。大人ニキビへのアプローチとしても期待が持てますね。

 

乾燥ストレスから守る!

画像引用元 http://pr.orbis.co.jp/cosmetics/clear/10/

 

薬用クリアローションは肌に潤いを与え、ふっくら整える保湿成分浸透型コラーゲンと、植物性保湿成分であるヨクイニンエキスを配合しています。

 

また100%オイルカットにこだわり、べたつかないのに高保湿という肌状態を実現! 肌馴染みも良いようなので、朝の忙しい時間もすぐにメイクにうつれそうです。

 

商品の実際の使用感

使用感1

 

では早速、薬用 クリアローションを使っていきたいと思います。ローションは青い透明なボトルにはいっています。海や水を連想させるみずみずしい青を基調にしたパッケージは、個人的に癒されます。

使用感2

(写真に写っているのはさっぱりタイプの薬用 クリアローションです)

 

手のひらに出してみると、無色透明のさらりとしたテクスチャーとなっています。ローションはさっぱりタイプとしっとりタイプの2種類がありますが、手のひらに出してみた感じ、違いはよく分かりません。どちらも水に少しだけとろみがついたような感じです。

 

では早速、洗顔後の肌に付けていきましょう。手のひらに出すとかなりさらさらしていますが、顔全体に馴染ませていくと「思ったより肌にしっかり密着するな」という感覚がありますね

 

使用感3

 

さらさらしているので首のほうに伝い落ちてくるかと思いきや、しっかり肌に水分がとどまっている感じがあります。やさしく肌に馴染ませていくと、どんどんみずみずしい印象になっていきました。

使用感4

 

さっぱりタイプとしっとりタイプの使い心地を比較してみると、テクスチャーの違いはほとんど分かりません。でもケアしたあとの肌は、しっとりタイプのほうが肌に少し重みが加わるような印象でした。

 

暑い時期や梅雨の時期はさっぱりタイプ、寒い時期や乾燥が気になる日はしっとりタイプなど使い分けしてみると良いかもしれません。

オルビス 薬用 クリアローション使用後の肌のキメと水分量を比較検証!

では、ここからは薬用 クリアローションの保湿効果について検証していきましょう。左の画像はいつものスキンケア後に水分・油分量を計測したもの、右の画像は薬用 クリアローションでのスキンケア後に水分・油分量を計測したものです。

 

 

 

 

 

比較検証1

 

左:いつものスキンケアを終了したあとの水分・油分量      水分:40% 油分27%

右:薬用 クリアローションでスキンケアしたあとの水分・油分量 水分:44% 油分29%

 

薬用 クリアローションでケアした肌は、通常のスキンケアと比べ水分量が4%、油分が2%高い状態になりました。水分計のニコちゃんマークからも分かるように、肌バランスが「普通」から「良好」となっていますね。

 

では続いて、薬用 クリアローションを使用したときのメイク崩れを検証するために、肌のキメの状態を比較してみたいと思います。スキンケア後、メイク後、メイクから5時間が経過した時点での肌のキメ状態を撮影しましたので、比較していきましょう。

 

まずは薬用 クリアローションでスキンケアした直後の肌です。

比較検証2

 

キメが均一に整い、少しふっくらしているように見えますね。

 

続いて、スキンケア後にメイクした肌のキメがこちら。

 

比較検証3

 

日焼け止めのあとにパウダーファンデーションをはたいた状態です。毛穴部分がパウダーによってカバーされているようです。

 

メイクしてから5時間が経過した肌のキメがこちらです。

比較検証4

 

スキンケア直後と比べると少し乾燥が始まっているのかな? と感じるところもありますが、あまり大きな変化は見られません。

 

では、上の3枚の画像を比べてみましょう。

 

比較検証5

 

左:スキンケア直後の肌のキメ状態

中央:スキンケア後にメイクしたあとの肌のキメ状態

右:メイクから5時間経過したあとの肌のキメ状態

 

メイクから5時間たったあともメイクの崩れやヨレなどは起きていませんでした。見た目にもつるんとしたなめらかな肌状態を保っていたように思います。

 

では今度は、肉眼で肌変化を比較してみましょう。薬用 クリアローションを使い始めた初日と、使い始めてから7日が経過した肌状態を比較してみました。

 

比較検証6

 

左:薬用 クリアローション使用1日目の肌

右:薬用 クリアローション使用7日目の肌

 

薬用 クリアローションを約1週間お試ししてみましたが、1日目の肌と比べるとニキビ跡の赤みが目立たなくなり、それにより肌の色ムラが解消できたように思えます。私は口のまわりやこめかみに月に1~2度はニキビができます。けれど薬用 クリアローションを使用している間はそうしたニキビや吹き出物ができることもありませんでした。

オルビス 薬用 クリアローションのまとめ

薬用 クリアローションを実際に試した個人的感想から検証してみました。

 

口コミ ⇒ 実際の感想

  • 肌馴染みが早い ⇒ スキンケアのあと、すぐにメイクにうつることができる
  • 生理前の肌荒れが減る ⇒ 使用期間が生理直前ではなく2週間ほど前だったが、できていたニキビ跡は改善へと向かっていた
  • 肌がツルツルになる ⇒ ローション後の肌はつるんとした印象になる
  • 新しいニキビができにくくなる ⇒ 使用中、新しいニキビができることはなかった
  • 保湿効果が薄い ⇒ 普通肌だが、肌の乾燥は感じなかった。乾燥肌の人はしっとりタイプを使うと良いかも。
  • 良くも悪くも効果を感じない ⇒ ニキビ予防という点では効果を感じた。

 

実はオルビスの化粧水は数年前に使ったことがありました。今回、新クリアシリーズのローションを使ってみて思ったのは、当時の化粧水と比べ肌馴染みが格段に良くなっているように感じたこと。また化粧水だけでも保湿感をさらに感じられるようになったと思います。

 

一見、さらっとしすぎて2度付け必須かも… と思うのですが、肌にのせてみるとしっかり肌に吸い付き、潤いを与えてくれていたように思います。ニキビケア用のスキンケアは肌全体が乾燥しないか不安でしたが、薬用 クリアローションは想像以上の潤いを感じることができました。新規のニキビがお目見えすることもなかったので、ニキビ予防にも一役買ってくれていたのではないでしょうか。

 

また個人的に「良いな」と思ったのはボトルの開けやすさと、閉まるとき「カチッ」としっかり閉めた感じがあること(笑)です。親指を上に押し上げればカパッと片手でキャップが開きますし、使い終わりもカチッとしっかりめにとじるので、小気味良いというか…。青いボトルの清潔感がある感じも良かったですね。

 

オルビス 薬用 クリアローションを気軽に体験するには?

今回私がお試ししたのは、肌のバリア機能を高めてニキビ・肌荒れの原因を根元から断つオルビスの「薬用 クリアローション」です。自分に合うニキビケアを探しているという人には、まずお試しサイズからのスタートをおすすめします。

 

ローションを含むニキビ対策スキンケアが約3週間分試せるミニセットは1,296円(税込)と、ほかのスキンケアブランドのトライアルと比べてかなりお得です。

 

オルビス 薬用 クリアトライアルセット

 

トライアル1

 

薬用 クリアウォッシュ 20g(医薬部外品)

・薬用 クリアローション 40mL(医薬部外品)

・薬用 クリアモイスチャー14g(医薬部外品)

商品価格:1,296円(税込)

 

約3週間と長くお試しできるので、金銭的な負担も少なくクリアシリーズの効果を実感できるのではないかと思います。また、ニキビのできやすい肌・超脂性肌~普通肌用のさっぱりタイプ(L)と、ニキビのできやすい肌・普通肌~乾性肌のしっとりタイプ(M)の2タイプから選ぶことができるので、自分の肌に合うものを選ぶこともできます。

 

トライアル2

 

どうやっても対処のしようがない! とあきらめていた生理前の肌荒れ。でも、この時期に低下してしまうバリア機能を高め、肌荒れの原因を根本からとりのぞいてあげることでニキビに悩まされる日を軽減できるかもしれませんね。

 

 

オルビス 薬用 クリアローション(しっとり・さっぱり)

オルビス 薬用 クリアローション(しっとり・さっぱり)

メーカー名 オルビス
容量・価格 180ml・1,620円(税込)