【美容マニアN島が心酔!】2023年下半期ベストコスメpart3~ベースメイク編~

【美容マニアN島が心酔!】2023年下半期ベストコスメpart3~ベースメイク編~

 美容マニアN島が選ぶ2023年下半期ベストコスメ、第3回目はベースメイク編です。

いつもベストコスメを選びながらにコスメの進化はどこまでいくの? と感慨深い気持ちになっておりますが、今季のベースメイクも研究の成果を感じる名品ぞろい! 

肌の粗をカバーするといった本来の役割は大前提で、SNS映えやエイジング効果など、+αの機能がさらに高まったマルチに働くアイテムが続々登場したので、選りすぐりでご紹介します♪
 

友だち追加

【ベースメイク編1位】まるで煙!「ランコム」の超微粒子&ひんやりパウダーで肌色を自然にトーンアップ

 N島的、ベースメイク編のベストオブベストは…「ランコム」の「アプソリュ エッセンス イン パウダー」です! 「アプソリュ」は1965年に誕生したランコムの最高峰ライン。

ローズのパワーと先進科学を融合させたシリーズで、スキンケアはもちろん、上質なベースメイクアイテムも人気です。そのなかでも特に絶大な支持を得ていたフェースパウダーが、今季、日本で独自開発された新技術“シルキーカプセルテクノロジー”を搭載してデビュー!! 

なんと厳選されたローズ成分を約30%配合することに初めて成功したのだそう。

さらにビタミンC誘導体+ナイアシンアミドといったエイジングケア効果のある美容成分も贅沢に配合し、肌を美しく見せながら本格的なスキンケアができちゃいます! 

私がとにかく気に入っているのは、このつけ心地。粉というよりも「煙なの?」っていうぐらい粒子が細かく、塗っている感は皆無! 

肌に瞬時に溶け込んで毛穴や小ジワをカバーし、フィルターをかけたようなシルク肌をキープしてくれるんです。

色味もほんのりとしたローズカラーなので、ファンデーションの仕上がりを邪魔せず、でも自然にトーンアップしてくれます。

そして、肌にのせた瞬間のほのかなひんやり感もたまらない♡ 

さらりとしていてどこか涼し気な印象に仕上がりつつ、時間がたっても全く乾燥しないので、「パウダーはパサつくから苦手…」という人にもぜひ試して欲しい逸品です♪

 

●ランコム
アプソリュ エッセンス イン パウダー 01 15g ¥15,400

【ベースメイク編2位】リキッドチークとも相性抜群な「アルビオン」のプレストパウダーで、透明感をダメ押し!

 第2位もフェースパウダーです!

 SNS映えする肌をかなえる「アルビオン」の新シリーズ「アルビオン スタジオ」のプレスタパウダーがとっても優秀でした♡「アルビオン スタジオ オパルセント オーラ」は、青みを帯びた複雑なニュアンスの“オパルセントヴェール”が、発光するような明るさと透き通るような肌を演出してくれるプレストパウダー。

透明度、反射率、色の異なるパールを配合し、ひと刷けで肌の透明感をぐんと高めてくれます。

さらにオイルコーティング処方により、肌へのフィット感もアップ。粉感レスで、つけたての美しさが長時間かないます。

N島的お気に入りの使い方は、【美容マニアN島が心酔! 2023年下半期ベストコスメPart2~メイク編~】で紹介した「NARS アフターグロー リキッドブラッシュ」との合わせ技。

このチークを塗ったにアルビオンのパウダーをサッと重ねると、リキッドチークならではのみずみずしいツヤは残しつつ、よれやくずれを防いで化粧もちがかなりアップ!

リキッドチークとパウダーの組み合わせって本当に難しくて…。

いくら粉っぽさがないと言っても、パウダーを重ねるとやっぱりツヤはあきらめることになるよな…と思っていたのですが、このNARS×アルビオンの組み合わせは相性抜群で大正解!!

 こんなにツヤ感を残してくれるパウダーは初めて♡ と歓喜しています!

プレストタイプで持ち運びにも便利なので、ポーチのスタメンアイテムとしても重宝しています♪

 

●アルビオン
アルビオン スタジオ オパルセント オーラ 9.0g ¥6,050(ケース込み)

【ベースメイク編3位】あらゆる肌悩みをオフし、絶妙なグロウ感を演出する「コスメデコルテ」のハイスペ下地

お次は「コスメデコルテ フローレススキン グロウライザー」、下地になります!「フローレススキン グロウライザー」は、くすみ、色ムラ、毛穴、小ジワなどあらゆる肌悩みを瞬時にカバーするトーンアップ系の下地です。

肌に溶け込むようになめらかにのび広がり、にじみ出るようなツヤ感を演出。

さらに、光を操ることで黄ぐすみを抑え、透明感を高める独自技術“スキンフュージョン グロウフィルター”を採用

レフ板を当てたようなパッと明るい肌を演出しながら、潤いをたたえたつるんと均一な肌をかなえてくれます。

 この絶妙なグロウ感が本当に美しくて♡ 

ツヤ仕上がりのベースメイクって肌がキレイでないと粗が目立ってしまうのですが、「フローレススキン グロウライザー」はあらゆる肌悩みをオフし、素肌そのものを磨き上げたかのようにみせてくれるので、ツヤ肌作りに大活躍。

塗ったそばから頬の高い位置にできる“光のリング”には自分でも惚れ惚れしてしまいます♡

さらに保湿力も抜群で、スキンケア後のような潤いをキープしてくれるのもさすがはコスデコ様♡♡ 

ツヤ肌好きなら1本は持っておきたい超ハイスペック下地、かなりおすすめです♪

 

●コスメデコルテ
フローレススキン グロウライザー SPF20・PA++ 30g ¥4,950

【ベースメイク編4位】「SUQQU」の新生諭吉ファンデは、極上のツヤと豊富な色展開で大人肌を格上げ

 2023年下半期のベースメイク界で忘れてはならないトピックスと言えば、「SUQQU」の大人気クリームファンデがパワーアップしたこと♡ 

2016年の発売以来、1万円以上のリッチなお値段ながら買って損なしのアイテムとして“諭吉ファンデ”の愛称で親しまれているSUQQUのクリームファンデーションですが、その進化ぶりがかなりすごかった! 今回SUQQUが最も追求したのは、カバー力とツヤ感の両立。

カバー力を高めようとするとファンデーションの粉感が表に立ちツヤが失われがちなのですが、ツヤを失わないギリギリのラインを見極め、かつ粉体も多く配合することで、“端正な化粧感”を実現。

さらに粒子の細かい粘度鉱物をバランスよく配合することで密着感が増し、長時間くずれず美しい仕上がりをキープしてくれます。

また、“時間とともに移り変わるツヤ”も相変わらず魅力。

塗布直後は清潔感のあるフレッシュなツヤ、なじんだ後はパールが光を反射して明るく均一に輝くツヤ、そして皮脂分泌後は皮脂とファンデーションがなじんで透明感が増し、なめらかで自然なツヤと、3段階の変化を遂げます。

夕方鏡を見てもギトギト感や黄ぐすみを全く感じず美しいツヤ肌をキープできているのは、本当に感動です!

 そしてそして、色展開もさらに充実。今回新たにピンク系のカラーシェードのなかでもいちばん明るい色味(205番)が追加され、全24色に。

N島、自称“ピッグスキン”(子豚色の肌(笑))という程血色感強めの白肌なので、国産ブランドでは珍しい明るめピンクが出たことにも歓喜♡

使用感、仕上がり、色展開の豊富さに加えて、少量でもかなりのびが良くコスパも抜群なので、間違いなく諭吉以上の価値がある秀品だと断言します!!
 

●SUQQU
ザ ファンデーション
SPF30・PA++(020・105・110・115・125・205・210・220)
SPF30・PA+++(025・030・035・040・050・130・140・155・240・260)
SPF25・PA+++(060・165・180・265・280・290)
全24色(日本国内店舗では15色購入可能) 30g 各¥14,300

【ベースメイク編5位】まぶたのくぼみやたるみもケア!「ポーラ」の目元コンシーラーで生き生きとした目元に

ラストは「ポーラ」のコンシーラーをご紹介。

「B.A 3D コンシーラー」は、目元の悩みにフィーチャーしたコンシーラー

ポーラの長年のアイゾーン研究から開発されたアイテムで、クマなどの色ムラを払拭するだけでなく、ツヤによる光の効果でまぶたのくぼみやたるみの影をとばし、ハリに満ちた目元をかなえてくれるという画期的なアイテム。

私はピンポイントでシミを隠すというより、広範囲でカバー&トーンアップしたいときに愛用中。

「今日はしっかりメイクが気分!」という日に、目周りのくすみが気になる箇所を中心に小鼻周りまでうすーく広げます。

ちなみに写真にはないのですが…なじませる際はSHISEIDOのコンシーラーブラシを使うのにハマっております♪ 

程よいコシがあるので力加減を調節しやすく、めちゃくちゃ自然でシームレスな仕上がりになるんです。またB.Aのスキンケアシリーズと共通の美容成分を配合しているので、みずみずしいテクスチャーも心地良い♡

 色展開は全部で2色。

01はシミなどをスポットで隠したいときに便利なベーシックなベージュカラー、02はくまなどグレイッシュな色ムラを整えるオレンジ系。

私は02(写真手前)がお気に入り! 血色感のある明るめオレンジが睡眠不足や血行不良による目周りのくすみをカバーし、目元を生き生きとみせてくれます♪

 

●ポーラ
B.A 3D コンシーラー 全2色 12g 各¥6,930

 

 いかがでしたか? 最新のベースメイクアイテムを使うだけで、本当にメイク全体が今っぽくあか抜ける、これは紛れもない事実! 

みなさんも、ぜひキニナル逸品を見つけて肌印象をアップデートしてみてください♪

次回は、ボディケア、インナーケア、美容機器など、内側からも外側からも美を格上げするアイテムを紹介します。お楽しみに~!

キニナルコスメインスタアカウントはこちら

キニナルコスメtwitterアカウントはこちら

友だち追加

 

 
PROFILE
 
中島 麻純 NAKAJIMA MASUMI/編集プロダクション「スタッフ・オン」代表取締役社長。美容専門誌の新色カタログやベストコスメ企画などを担当。2歳で母親の口紅に興味を示し、巻き髪デビューは14歳という、根っからの美容好き♡
http://staffon.jp/

【美容マニアN島が心酔!】2023年下半期ベストコスメpart3~ベースメイク編~

【美容マニアN島が心酔!】2023年下半期ベストコスメpart3~ベースメイク編~

メーカー名 その他