40代からのおすすめファンデーションと正しい選び方【2019年最新版】

40代からのおすすめファンデーションと正しい選び方

40代は、加齢による肌トラブルを含め、さまざまな肌悩みが一気にあらわれる時期。単に原因がひとつではなく、複合的な要因によってトラブルが起こるケースも少なくありません。これまで使っていた化粧品では対応できない場合もあり、まさにコスメ選びの岐路といえる年代です。

40代の肌悩みって?

一言で肌悩みといってもさまざまな種類がありますが、40代に入るとかつては悩みの上位に入っていたニキビや吹き出物、ベタつきなどは減ってきます。かわりに増えてくるのが、「シミ」「シワ」「たるみ」の3大トラブル。

 

「シミ」は、これまで浴び続けてきた紫外線ダメージなどが蓄積され、表面にあらわれてきたものです。

 

「シワ」に関しても、紫外線が大きく関わっています。加えて、肌の乾燥やコラーゲン量の減少、普段の表情のクセでできるものなど、さまざまなシワのタイプがあります。

 

「たるみ」は、加齢によって肌のコラーゲン量が減少し、さらには頬などに皮下脂肪がつくことで重力に耐えきれなくなり、目元や頬、フェイスラインがたるんでくる現象。ほうれい線の原因でもあります。

 

そして、これらの肌悩みを招く大きな要因が、女性ホルモンの減少によるもの。特に、エストロゲンが大幅に減ることで肌の水分保持量が格段に下がり、肌が乾燥して、さまざまな肌悩みへとつながってしまうのです。

 

筋力やホルモンなど、お悩みを根本的に解決するには時間と努力が必要です。
手っ取り早く解決するには「隠す」こと。そこで威力が発揮するのは、やはり“ファンデーション”です。ノンファンデーションでも過ごせた若い頃と違い。40代ではファンデーション選びが最重要!

 

最近ではメイクコスメながら美容液配合でスキンケアまでできるものまで登場しています。

 

40代だからこそ使ってみたいおすすめファンデーションをご紹介します。

40代に必要なファンデーション機能

一言で「ファンデーション」といっても機能はいくつかあります。
それぞれの特徴を理解して、自分にとって必要な機能を備えたファンデーションを選びましょう。

 

40代の肌に必要なファンデーションの機能は、次の通りです。

 

40代に必要なファンデーション機能① 保湿力

どの肌悩みにも共通して言えるのが、「乾燥は大敵」だということ。ファンデーションも、乾燥をできるだけ防ぐために保湿力の高いものを選ぶと良いでしょう。

 

パウダータイプよりもリキッドやクリームタイプの方が保湿力の高いものが多いですが、なかには保湿効果のあるパウダーファンデーションも。美容液成分を配合したものなどをチェックするといいでしょう。

 

40代に必要なファンデーション機能② 透明感&カバー力

40代の肌は、毛穴や肌の凹凸などをカバーしつつも、薄づきでナチュラルに仕上げることがベスト。適度なカバー力があり、なおかつツヤ感も保てるようなファンデーションを選ぶのがオススメです。

 

ただし、シミやシワを隠したいからと言って、あまりに重ねてつけるのはNG!
厚塗り感が出てしまうと、一気に老けた印象になってしまいます。
あくまでもナチュラルを目指しましょう。

 

40代に必要なファンデーション機能② リフトアップ

最近は、リフトアップ機能付きのアンチエイジング要素を備えたファンデーションも登場しています。

 

温度感知や形状記憶など驚きの機能で、塗るだけでフェイスラインをきゅっと引き締めてくれるというもの。たるみが気になる人は、このような最新の機能を搭載したファンデーションを選んでみてはいかがですか?

 

 

これらの機能をチェックすることに加えて、刺激の少ないものを選ぶと良いでしょう。若い頃から蓄積されたさまざまなダメージによって、肌が敏感になっている40代の肌には、できるだけ負担が少ない低刺激のものがオススメです。

 

最近は、いわゆる自然派ブランドでなくても添加物不使用であることを謳っている商品が多いので、チェックしてみてはいかがですか。

40代のためのタイプ別おすすめファンデーション

それでは実際に、40代におすすめのファンデーションをタイプ別にピックアップしてご紹介します。自分に必要な機能を踏まえつつ、使いやすい自分にあったものを選びましょう。

 

リキッドタイプ

リキッドファンデーションは配合されている粉・油・水のうちで水の割合が高く、潤いのあるのが特徴です。そのため保湿力が高くて延びがよく、肌への密着度も高いのでカバー力にも優れています。

 

 

■薬用クリアエステヴェール

メイクをしながらスキンケアできるリキッドファンデーション。肌呼吸を邪魔せず、メイクによる肌への負担を最大限カットしました。

 

なんと、美容液成分62%! 5種類のコラーゲンで保湿を、3種類のヒアルロン酸で保水力を、その他、美白有効成分やオリーブ葉エキスなどの保湿サポート成分でシミを抑制するなど、全68種類の美容液成分がたっぷり含まれています。

 

大気汚染や紫外線、近赤外線の3大ダメージもシャットアウト。肌本来の力を引き出しつつ、外部からの刺激を防いでより美しい肌を維持してくれる、40代の肌の強い味方です。

 

通常価格4,216円、定期便にすると20%オフの3,372円とお得です(いずれも税込)。またハーフサイズ(13ml) が1,980円(税込)で試せます。

 

 

<薬用クリアエステヴェールの口コミ>

  • 少量でもよく延び、化粧直しをしなくてもキレイな仕上がりが保てるので、手放せません。厚塗りに見えない点もお気に入りです。

    (42歳・敏感肌)

  • 40代後半になり、これまでのファンデーションが合わなくなったため、クリアエステヴェールにチェンジしました。まるで美容液のようなつけ心地なのに、しっかりシミなどをカバーしてくれます。これからリピート確定です。

    (48歳・混合肌)

 

 

 

■リソウ・リペアリキッドファンデーション

 

美容パック効果を実現したことで、ファンデーションは肌に負担だという常識を覆したのが、リソウのリペアリキッドファンデーション。

 

天然由来の成分で作られているだけでなく、通常の美容液でも使用されていない生命体技術による美容成分まで配合しているから、つけている最中も落とした後も、肌の内側から潤うことを実感できます。その効果は、トップヘアメイクアーティストたちも太鼓判を押すほど。

 

肌の小さな凹凸にもしっかり密着してシミやシワをカバー、まるで素肌のような自然な美しさです。それでいて、強力なクレンジングは必要なし。肌への負担を可能な限りなくしたファンデーションです。本体価格5,966円。

 

同じシリーズで、パウダータイプ(5,452円・ケース別売り)もあるので、お好みのタイプをチョイスしてくださいね(いずれも税込)。

 

<リソウ・リペアリキッドファンデーションの口コミ>

  • 縦置きの容器なので液垂れがしにくく、適量が取り出しやすいのでとても使いやすいです。肌なじみも抜群、つけていることを忘れそうなほど肌に密着しています。仕事柄長時間メイクをしたままですが、このリキッドファンデーションを使いはじめてから肌がキレイになったような気がします。

    (50歳・乾燥肌)

  • 薄く伸ばしただけなのに、しっかりシミをカバーしてくれました。ベタつかず、乾燥もしないので気に入っています。UVカットもしてくれるから、朝のメイク時間が短縮されたことが何よりうれしい!

    (54歳・混合肌)

 

 

 

ジェルクリームタイプ

ジェルクリームタイプは、クリームよりこってりしていないジェル状のファンデーション。リキッドよりもやや薄づきなのが特徴です。

 

■アテニア フュージョンスキン ファンデーション ラスターフィニッシュ

リキッドでもクリームでもない、新感覚のジェルクリームファンデーション。肌に乗せて滑らせると、すーっと薄く伸び、毛穴も小ジワもしっかりカバー。まるで陶器のように輝く肌が手に入ります。

 

その秘密は、新配合のラスターフィットジェルが肌表面を包み込んで整えてくれる点。まさに、最先端の「ツヤ肌形状記憶ファンデ」です。

 

通常価格は2,376円ですが、初めての購入に限り、スキンクレンズオイル10日分がついて2,200円とプチプラな点も見逃せません!(いずれも税込)

 

 

<アテニア フュージョンスキン ファンデーション ラスターフィニッシュの口コミ>

  • 肌荒れがひどかったのですが、我ながら陶器のような肌になりました。会う人会う人に「肌がキレイになったね!」と言われて、感動です。手でつけると少し厚めに、ブラシを使うと薄づきになりますが、どちらもナチュラルに仕上がりますよ。

    (32歳・敏感肌)

  • 軽いつけ心地なのに、いい感じにシミやくすみを隠してくれます。ぷるぷるした感触も気持ちいいので、ずっとつけていたくなっちゃいます。これからはジェルクリームファンデに変えます!

    (41歳・混合肌)

 

 

 

 

 

ミネラルパウダータイプ

鉱石(ミネラル)で作られたファンデーション。パウダー、リキッドタイプもありますが、ルース(粉状)が多数派。天然由来(海外では化合物が入っていてはミネラルファンデーションとは言えない)の素材なので、肌に優しいのが特徴です。中には「つけて寝れる」ものも!

 

■トゥベール・ミネラルパウダリーファンデーション

肌へのやさしさをトコトン追求したミネラルファンデーション。石油系界面活性剤や紫外線吸収剤、合成着色料などの添加物は入っておらず、ミネラルと26種類の美容成分を配合しているので、とっても軽いつけ心地です。なおかつ、肌の凹凸にも均一に延び、1日中美しい仕上がりを維持してくれます。

 

また、過酷な環境下でも高い保水力を誇るエクトイン、大気の汚れから肌を守るニガハッカエキスを配合。バリア成分による潤い膜で乾燥からしっかり肌を守ってくれる点も、40代の敏感な肌にうれしいポイントです。

 

クレンジング不要、石けんだけで落とせる点も◎。これだけの機能がついて3,000円(税込)とは、コスパも抜群です。

 

 

<トゥベール・ミネラルパウダリーファンデーションの口コミ>

  • 本当に石けんでキレイに落ち、満足できる仕上がりです。お値段も良心的なので、何回もリピートしています! 毛穴やシミもしっかりカバーしてくれます。

    (40歳・乾燥肌)

  • 敏感肌なので化粧品には気をつけていますが、このファンデーションは肌にとてもやさしく、メイクしているのにスキンケアしているような感覚。しっかり保湿できる点も気に入っています。

    (39歳・乾燥肌)

 

 

 

 

■ETVOSマットスムースミネラルファンデーション

毛穴が目立たないセミマットな仕上がりになると評判のミネラルファンデーション。主成分はミネラルで、肌に不要な添加物などは一切使用していないので、つけたまま眠れるほど肌にやさしい点が魅力です。

 

粒子が細かいため、毛穴の凹凸にしっかりフィットし、陶器のような素肌に近づけます。また、ETVOS独自技術によってパウダーを保湿コーティング。お肌の乾燥をしっかり防いでくれます。さらには、紫外線をカットしてくれる点もポイントです。価格も良心的な3,240円。2週間使えるファンデーションに、ブラシやセラミドスキンケアのライン一式7日分、シャンプー・リンスサンプル1回分までついたスターターキットが1,944円とかなりお得。2〜3回使える194円のお試しサンプルで肌質やカラーをチェックできる点もおすすめです(いずれも税込)。

 

 

<ETVOSマットスムースミネラルファンデーションの口コミ>

  • とにかく粒子が細かく、肌にすっと馴染んでいきます。肌の凹凸も悩みのタネでしたが、しっかりカバーしてくれて驚きました。

    (36歳・混合肌)

  • 全5色ある中から、自分の肌色にピッタリのものを見つけられれば、最強のファンデになります。軽いつけ心地なのにしっかりカバーしてくれるので、一日中快適に過ごせました。ミネラル成分のおかげか、肌がしっとりするのも気に入っています。

    (43歳・乾燥肌)

 

 

 

 

■レイチェルワイン・ミネラルファンデーション 

スキンケア発想のメイクアップ化粧品。メイクもスキンケアの一部と考え、肌に負担となる成分は使用していません。油分も含んでいないので、クレンジング不要。トコトン肌にやさしいファンデーションです。

 

さらに下地も不要、通常のスキンケアで肌を整えたら、そのまま使える点も人気の秘密。重ねづけしても厚塗りにならず、スマホで電話しても画面にファンデーションがつかないほど、肌にピッタリ密着します。

 

日本人の肌色にあわせた全12色を展開、価格は3,240円(税込)です。また、ファンデーション、仕上げ、メイクアップベースの5種類のパウダーと2種類のブラシの7点で2,980円(税込)というお得なセットもあります。

 

 

 

<レイチェルワイン・ミネラルファンデーションの口コミ>

  • 長時間経ってもヨレることなく、一日中キレイな仕上がりが保てます。今まではリキッドの上からパウダーを重ねていましたが、レイチェルワインのミネラルファンデは、これひとつで毛穴がしっかり隠れます!しかも軽いつけ心地!

    (35歳・混合肌)

  • 重ねづけしても厚塗りにならないので、ナチュラルな仕上がりになる点が気に入っています。夕方まで化粧崩れなし、マスクをしても色移りしないのには驚きました。カラーバリエーションが豊富なのもオススメです。

    (40歳・敏感肌)

 

 

 

 

クッションタイプ

クッションファンデーションとは、リキッド状のファンデーションが染み込ませてあるスポンジがコンパクトに入っている、新しいタイプのファンデーションのことです。

 

■シンクロスキン・グロークッションコンパクト

シンクロスキン・グロークッションコンパクトは資生堂ならではのスキンケア発想で、いつでもどこでも、つけたてのツヤ肌が実現します。

 

 

天然植物由来成分が配合されていて、乾燥などの肌ダメージを防いでくれます。また、気になる部分に重ねづけしても厚塗り感が出ず、ツヤ感をキープしてくれる点も人気の理由のひとつです。

 

レフィルのみで4,644円(税込)。別売りのコンパクトケースは限定のデザインもあるので、見た目もオシャレに楽しめますよ。

 

 

<シンクロスキン・グロークッションコンパクトの口コミ>

  • ポンポンとパフを肌に乗せるだけでしっかりメイクできるので、メイク時間がかなり短縮されました。乾燥肌ですが、仕上がりはしっとり。時間が経ってもカサつかない点も気に入っています。

    (45歳・乾燥肌)

  • 一時期ほかのメーカーのファンデーションに浮気しましたが、やっぱりこのつけ心地が忘れられず、戻ってきました。ライブなど汗をかく場所に行っても、10時間以上メイク直しなしで問題なし! かつてはパウダーを使っていましたが、もうこのクッションファンデ以外は使えません!

    (43歳・混合肌)

 

 

 

■Suhadabi クッションファンデーション

保湿&カバー力

大人の肌をキレイに魅せるために、こだわり抜いた美容液ファンデーション。これ1つで美容液・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラーの5役を果たしてくれるから、超時短メイクが実現。じつに30秒で完璧にメイクできちゃいます。

 

また、成分の70%以上が美容液成分でできていて、ベビーコラーゲンEXやオーロラヒアルロン酸、シフォンセラミドなど肌を美しく導く成分がたっぷり。メイクしながらにしてハリやツヤ、潤いが手に入ります。

 

さらには、高密着パウダーやジェルパウダー、ブライトアップオイルという高機能も搭載されており、独自の技術でクッションファンデーヨンのために開発されたパフが、さらにその機能を引き立てます。40代の大人の肌にこそピッタリのクッションファンデーションです。

 

通常4,860円のところ、WEB限定1,980円でお試しできます(いずれも税込)。

 

 

<Suhadabi クッションファンデーションの口コミ>

  • 友人から勧められて使い始めました。シミやそばかすが気になっていましたが、しっかりカバーしてくれます。お得に購入できるのもありがたいですね。スキンケア効果が高いからか、メイクを落とした後も肌触りが良いです。

    (44歳・敏感肌)

  • 気になっていた毛穴の凹凸が隠せます。バラの香りも癒やされるので、メイクしているのにリラックスできる感じ。このクッションファンデのみでメイクできるので、忙しい朝にも助かってます。

    (33歳・混合肌)

 

 

マイナス10歳肌?!40代のベースメイク

オススメのファンデーションをピックアップしてご紹介しましたが、気になるものは見つかったでしょうか?

 

続いては、ファンデーションの機能をより活かすため、ベースメイクのポイントをお伝えします。

 

 

スキンケアは保湿が最重要課題!

下地作りに入る前に、スキンケアの段階でしっかり肌を保湿しておきましょう。しっとり潤った肌にこそ、ファンデーションがしっかりと密着します。化粧水や美容液で肌に潤いを与えたら、乳液やクリームでしっかりフタをします。やさしくハンドプレスしながら、肌にしっかり浸透させるように。この一手間が、メイクの仕上がりを左右しますよ。

 

下地の選び方

化粧下地の選び方でも、メイクの仕上がりに差が出ます。ありがちなのが、白い下地を塗りたくってしまうことで、顔だけが白浮きしてしまうこと。その上にピンクカラーなどのメイクアイテムを重ねると、くすんだ印象になってしまいます。

 

40代の素肌にオススメなのは、オレンジ系の下地。厚塗り感が出ず、ナチュラルな素肌になります。

 

コンシーラーのカラー選び

コンシーラーはシミやシワ、くすみなどを隠してくれる万能アイテムですが、できればいくつかのカラーを持っておくと、のっぺりした印象を防いで立体感のある自然な仕上がりになります。

 

たとえば、クマの部分にはオレンジ系、くすみにはピンク系、シミにはベージュ系というように、悩みに応じて使い分けるとキレイは肌が作れますよ。

 

 

ほうれい線の消し方

年齢をかさねるにつれて、気になるのがほうれい線。このほうれい線があるかないかで、見た目年齢が大きく変わります。

 

ほうれい線を目立たなくさせるには、自分の肌色よりもワントーン明るいコンシーラーで影をなくすように馴染ませると◎。

 

ファンデーションを含めて、隠そう隠そうと厚塗りするのは禁物です。かえってほうれい線が目立ってしまうことに。薄く伸ばすことを心がけましょう。

 

目の周りのくすみ解消

目の周りのくすみも、コンシーラーで消してしまいましょう。指の腹を使って、やさしくなじませます。

 

その上から、ハリのある肌に見せてくれるオレンジ系や明るめのベージュ系のアイシャドーを重ねて、アイラインを作っていきます。下まぶたにも、ベージュ系を使ってたるみをなくしましょう。

 

いかがでしたか? もう40代だからと諦めモードになるのはもったいない! 40代だからこそピッタリのファンデーションを選んで、ふっくらと若々しい素肌で毎日を楽しみませんか?

40代からのおすすめファンデーションと正しい選び方

40代からのおすすめファンデーションと正しい選び方

メーカー名 その他